「龍門図」(円山応拳筆)とコイ

2017年7月1日(土)から9月3日(日)まで、京都水族館にて、京都国立博物館との連携企画イベント「すいぞくかんとはくぶつかん」が開催される。京都国立博物館で7月25日(火)〜9月3日(日)に開催される特集展示「京博すいぞくかん ─どんなおさかないるのかな?」の作品に登場している生物の実際の姿を、京都水族館でパネル解説と合わせて見られる企画。歴史ある美術作品でモチーフとされた生物たちの魅力を楽しめる。
本イベントは「水辺にすむいきもの」をテーマに開催。京都国立博物館では「朱漆塗亀に流水蒔絵盃」や「龍門図」(円山応拳筆)など水の生物が含まれる収蔵品を展示し、京都水族館における実際の生物とパネル解説によって、作品の背景についても学ぶことができる。各種の相互体験プログラムの実施も多数予定。京都水族館内の各所で展示されている解説パネルを参考に、オリジナルの図録の完成を目指す「すいぞくかんラリー」など、楽しい企画が目白押しとなっている。
京都水族館は無休で、通常の営業時間は10:00〜18:00。7月9日(日)までは「ほたるの夜」開催に伴って20:00までの営業に延長されているほか、7月15日(土)〜8月31日(木)の夏休み期間にも営業時間の延長があるので、事前に京都水族館のWebサイトなどでの確認がおすすめだ。この期間に営業時間を延長して展開される「夏の夜のすいぞくかん」では、夜ならではの生物たちの姿やライトアップ、イルカないとパフォーマンスなども楽しめる。入館料は大人2050円 / 大学・高校生1550円 / 中学・小学生1000円 / 幼児(3歳以上)600円。
京都国立博物館は、月曜休館、開館時間は火曜〜木曜と日曜が9:30〜17:00 / 金曜と土曜は9:30〜21:00で、いずれも入館は閉館30分前までとされている。観覧料は一般520円 / 大学生260円 / 高校生以下・満18歳未満・満70歳以上は無料。
■期間:
京都水族館:2017年7月1日(土)〜9月3日(日)
京都国立博物館:2017年7月25日(火)〜9月3日(日)

■開催場所:
京都水族館
京都府京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)

京都国立博物館
京都府京都市東山区茶屋町527

■問い合わせ先:
京都水族館 / 京都国立博物館
url. http://www.kyoto-aquarium.com/
url. http://www.kyohaku.go.jp/

▷こちらもおすすめ

携帯電話のデザインを大きく変えた“au Design project”の15周年記念展「KDDI ケータイの形態学」

 

集団VR体験施設「コニカミノルタ VirtuaLink」が東京ソラマチにオープン

 

世界の美術を歌とアニメで紹介する番組「びじゅチューン!」のグッズフェアが銀座ロフトで開催