29日、中国のポータルサイト・捜狐は「なぜ何度も日本に行きたがるのか」と題したコラムを掲載し、日本各地の魅力について伝えた。写真は東京。

写真拡大

2017年6月29日、中国のポータルサイト・捜狐は「なぜ何度も日本に行きたがるのか」と題したコラムを掲載し、日本各地の魅力について伝えた。

東京は活力に満ちた都市で、流行や魅力が詰まった都市である。さらに、新宿ゴールデン街に足を運べば、「深夜食堂」の雰囲気を味わうこともできる。

京都は物静かな雰囲気があり、歴史ある街並みはカップルの散策にもってこいだ。京都では老舗旅館も多いため、日本の古き良き息吹きを感じたい人にもうってつけの場所。歴史的情緒にあふれるロマンチックな古都だ。

このほか、日本の霊峰・富士山や和歌山の高野山、沖縄の透き通った海と神秘的でのんびりとしたリズムが流れる周辺の島々。そして、雪や温泉などさまざまな表情を持つ北海道も忘れてはいけない。

日本に対して「漫画・アニメ、きらびやかなネオン、発達した交通網」をイメージする人が少なくない。こうしたイメージからは「ロマンチック」を連想することは難しいが、これは表面上の日本にすぎない。陽気なビーチに至福の温泉、世界トップクラスの美食など、カップルからすれば日本はロマンチックな国なのだ。(翻訳・編集/内山)