米倉涼子

写真拡大

6月30日放送の「A-Studio」(TBS系)で、女優の米倉涼子が、自身の現状について、自虐的なコメントを飛ばした。

番組では、米倉がスタジオに登場した。冒頭から笑福亭鶴瓶が、米倉出演のドラマや舞台といった活躍の場に言及しながら「自分は『すごい所にいる』っていう意識は、あまりないの?」と、米倉の活躍ぶりを讃える質問を投げかける。

これに、米倉からは「まったくないんですよね。どっちかというと、落ちぶれてるというか」と、自虐的なコメントが返ってきた。米倉は「(ドラマの)視聴率って、私ひとりじゃない」と、共演者の顔ぶれや製作などが視聴率を左右する要素だと持論を展開した。

そして、自身が主演した高視聴率ドラマ「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系)を指して、米倉は「医者のやつ以外で、酷い数字(視聴率)のやつ、いっぱいあるんですから!」と、スネた心境を漏らしたのだった。

また、米倉は自身について「中身が空っぽなんですよ」「だから、(周囲が)助けてくれるんです。それは凄く思う。頼りない、危なっかしい…」などと、自分の弱さを振り返ると、周りのスタッフやキャストに支えられていることを強調していた。

【関連記事】
水道橋博士 一番酷かった洋画の吹き替えを語る「まー、桜田淳子の下手なこと」
友近たちが大物女優のワガママぶりを暴露 緑色のものがあると「帰っちゃう」
水道橋博士がドラマのギャラに提案「視聴率に対して払うようにする」