6月30日放送の「訂正させてください」(フジテレビ系)で、俳優のいしだ壱成が、妻に対して怒りを覚える瞬間について語った。

番組では「いしだ壱成バスタオル事件で現在別居中報道は本当か!?」と題し、いしだの妻が家を出ていくきっかけになった出来事をVTRで再現した。いしだは2014年に11歳年下の一般人女性と結婚したが、あるとき入浴後にバスタオルが用意されていないと激怒したことで、妻が家を出ていってしまったという。

スタジオでは、いしだの「譲れない朝のルーティン」をフリップで紹介した。
そこには
1、朝起きて…コップ1杯の水を飲む
2、次に…コップ1杯の白湯を飲む
3、次に…トイレを済ませシャワーへ
4、シャワー中に俺に着て欲しい服を準備
5、次に…サラダを食べるので7種類のドレッシングを用意
と、細かいルーティンが書かれており、これが崩れるといしだは「ひくほどキレる」のだという。さらに水や白湯などは、すべて妻がいしだよりも早く起床し、用意するよう強制していたそうだ。

これに加藤浩次は「考えられないね!」と驚愕。ヒロミも「こんなのひとつもできないわ、ウチなんか」とコメント。いしだは怒る際に演技もしているそうだが「ふざけんじゃねえオラァ!」と怒号を発するといい、加藤は「それは奥さんいなくなるって」と、いしだを責めた。

なお現在は妻が戻ってきているというが、いしだが強制していたルーティンを実行せず「ハッキリ拒絶」されてしまったとのこと。

ヒロミは「奥さんのほうが正しい」「女の人はなんにもできないほうが男が勝手にやる」といしだの妻に理解を示し「うちの奥さんは7種類のドレッシングを揃えるのに1年はかかるよ」「シャンプーとコンディショナーが揃うことがない」と語り、笑いを誘っていた。

【関連記事】
高須克弥氏と妻の西原理恵子氏が友人関係から交際に発展した経緯を告白
上田まりえ ふかわりょうに夫の浮気を指摘され動揺「100%してると思う」
樹木希林が夫・内田裕也と50年に渡る別居の理由「いい重しになってる」