レアルFW、ユナイテッド移籍が決定!? 自ら友人に洩らすフライングを英紙スクープ

写真拡大

スペイン代表のモラタ、友人に「ユナイテッドの選手になる」と明かしたという

 レアル・マドリードのスペイン代表FWアルバロ・モラタが、マンチェスター・ユナイテッド移籍が決定したと友人に洩らしてしまったという。

 英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

 モラタは1年前にユベントスから買い戻しオプションの行使によりレアルに出戻り移籍したが、レギュラーポジションを完全に奪い取るまでには至らなかった。移籍願望を持つモラタはユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督からも獲得を熱望され、シーズン終了時点からクラブ間交渉も順調に進んでいるとされていた。

 しかし、今月に入ってレアルのエースであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの移籍話が急浮上し、モラタの交渉も凍結されたと報じられていた。いい迷惑を被った形のモラタだが、最近になってロナウドに翻意のアクションが見られていることからも、交渉が再開しているとされていた。

 そして、同紙によるとモラタは友人に対して「僕はユナイテッドの選手になる」ということを明かしてしまったという。

 ユナイテッドは7000万ポンド(約101億円)をモラタ獲得の移籍金としてレアルに支払うことで交渉の成立が間近だともされた。本人のフライングがスクープされてしまった形だが、正式決定が迫っている模様だ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images