ダリが入門クラス・スピーカー、SPEKTORを新規にラインアップ

写真拡大

 オーディオ機器のD&Mホールディングス(川崎市)は、ダリ(デンマーク)のエントリークラスのスピーカー“スペクター(SPEKTOR)”シリーズ3機種を7月から順次発売する。同シリーズは、フロアー型SPEKTOR 6(9万6,000円・ペア、税別 写真中)、小型ブックシェルフのSPEKTOR 1(3万2,000円・ペア、税別 写真左)、さらにサラウンドのセンタースピーカーSPEKTOR VOKAL(3万1,000円・1台、税別 写真右)の3モデルがあり、シアターシステムにも好適。仕上げはウォールナット(木目)とブラックアッシュ(ダークグレイ)がある。

 共通で搭載の低音用ウーファーは新しく設計され、パルプと木の繊維を混合して振動板を形成する技術をさらに進化させて、質量や強度を振動板として一段と最適化。内部の共振も起りにくくしている。小口径の高音用トゥイーターはシルク繊維をベースにしたソフトドーム型で、同形のものに対して半分以下の質量とすることで、より高速な振動に対応できるようになり、一方、その低音方向も再生する範囲を広げている。

 このほかステレオのエリアをより広げる技術やアンプの負担を減らし、より十分に駆動できるようにするなどの設計も行っているという。簡単なデスクトップスピーカーから替えて、もっと本格的な音を楽しみたい人にもぴったりのシリーズだ。