朝ドラ女優とブログは親和性が高い(有村架純)

写真拡大

 2018年4月開始のNHK連続テレビ小説『半分、青い』のヒロインが永野芽郁に決定した。朝ドラは2013年の『あまちゃん』(ヒロイン・能年玲奈・現「のん」)以降高視聴率が続いており、今や女優にとってのステイタスとなっている。

 当サイトでも、朝ドラの影響については、5月23日に〈仮面ライダー&戦隊出身俳優、ブレークに必要なのは朝ドラ〉などの記事を掲載しており、男性タレントにとっても朝ドラ出演が大ブレークの重要ファクターになっていることを報告した。

 これは、「戦隊モノ」「ライダー系」に出た男性俳優がさらなるステップアップに朝ドラが重要だ、という話である。同記事内では、イケメン評論家・沖直実氏によるこんなコメントが紹介された。

〈ヒーローを卒業してうまく朝ドライケメン枠に入れた人は必ずブレークしていますよね。もともとお母さん層や子供たちを虜にしていることに加え、おばあちゃん層も取り込めます。菅田くんは『ごちそうさん』でしょ? 福士蒼汰に松坂桃李、玉山鉄二、綾野剛もそう〉

 朝ドラ女優も同様に高評価を受けている。2016年12月24日に日経新聞の夕刊に掲載された〈広瀬すず、有村架純… 「ポスト黄金世代」女優が台頭〉という記事では、〈「タレントパワー」女優部門ランキング〉の2016年5月調査の結果が紹介されているが、有村架純(『ひよっこ』・4位)、堀北真希(『梅ちゃん先生』・8位)、杏(『ごちそうさん』・13位)となっている。そして、以下の記述がある。

〈加えて近年は、脇役として朝ドラに出演した女優も順位を上げるようになっている。20代前半女優のトップランナーである有村架純のブレイクのきっかけは、「あまちゃん」(13年)への出演。15年の124位から61位となった黒木華は、「花子とアン」(14年)の妹役で高い評価を受け、16年4月期のドラマ「重版出来!」で連ドラ初主演を果たした。朝ドラのヒロイン役だけでなく、脇役を演じた女優も注目されるようになったことで、黄金世代以下の女優たちが、名を上げるチャンスが増えたといっていい〉

 朝ドラ女優については、「全国放送で半年間で続けられるのは他の仕事がその期間中来ないにしても、長い女優人生を考えたら絶対に受けるべき仕事」(芸能事務所関係者)といった声もあるように、なんとしても受けるべき仕事であると考えられている。

 そうした中、主演女優の意外な共通点について話したのは、サイバーエージェントが運営するアメブロの広報担当・古賀早希子氏だ。

「実は、2014年後期の『マッサン』以降、朝ドラのヒロインの皆さんがアメブロでブログを書いていらっしゃるんですよ」

 確かにシャーロット・ケイト・フォックス、土屋太鳳、波瑠、高畑充希、芳根京子、有村架純、そして2017年後半の『わろてんか』ヒロインの葵わかなまで7代続いている。2018年4月からの『半分、青い』のヒロイン・永野芽郁は所属事務所であるスターダストのブログを使用している。

 昨今、芸能人といえば、インスタグラムでの情報発信が中心になりつつあるといったイメージがあるが、ブログは朝ドラ女優に向いていると古賀氏は語る。というのも、日々長文を書くことができ、ストック型の情報となるため、女優本人にとっても「ドラマ撮影アーカイブ」のようになるからだ。特に、土屋太鳳は長文を日々書くことで知られている。古賀氏はブログと朝ドラの相性の良さについてこう語る。

「朝ドラ女優でブログを書かれている7名の皆さんはどなたも1記事1記事丁寧に言葉を綴られる方が多く、人柄も伝わりやすいのではないでしょうか。視聴者も女優さんのそのような素敵な人柄に惹かれて、ドラマでは知ることができないその方自身のことを、ブログを通じてもっと知りたくなるのではないか、と考えています」

 有村は6月15日に「ひよっこ11週目。」と題されたブログのエントリーを執筆。1261文字にわたる長文で心の葛藤と周囲への感謝、これからの頑張りについてつづっていた。

〈皆さんを信じ、自分も信じてもらいたいから、「有村ならやれるだろう、大丈夫だろう」と思っていただくことは有り難くもあり、でも、苦しくもあり怖くもあり、でもやっぱり、それほど幸せなことはないのかなと思います。失わないように、信頼されるように、作品に向き合っていたいです。今は自分の思うように向き合えない時もあるけど、自分の今やれることをやり切ることが、大きな一歩に繋がると信じて自分を信じて、皆を信じて、残り約6週分、撮り切りたいと思います。〉