米誌『フォーブス』によると、25歳以下のアスリートで最も稼いでいるのは、サッカーのバルセロナ所属ブラジル代表FWネイマールとのことだ。

先日『フォーブス』が発表したスポーツ選手の長者番付では、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが連覇を遂げ、NBAのクリーブランド・キャバリアーズに所属するレブロン・ジェームズが2位に浮上。バルセロナFWリオネル・メッシ、テニスのロジャー・フェデラー、NBAのゴールデンステイト・ウォリアーズに所属するケビン・デュラントがトップ5で変わらなかった。


この長者番付では18位だったネイマールだが、25歳以下のアスリートに限れば、3700万ドル(約41億6000万円)はトップとなる。バルセロナからのサラリーは1500万ドル(約16億9000万円)、広告収入が2200万ドル(約24億8000万円)という計算だ。


2位につけたのは、ゴルフのジョーダン・スピース(全体21位)。2900万ドル(約32億6000万円)という広告収入の大きさもあり、総額3450万ドル(約38億8000万円)でネイマールに続いた。3位はNBAクリーブランド・キャバリアーズのカイリー・アービング(全体38位)で2990万ドル(約33億6000万円)。

ここからはNBAの選手が続き、4位がニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビス(全体44位、2810万ドル=約31億6000万円)、5位がダラス・マーベリックスのハリソン・バーンズ(全体68位、2390万ドル=約26億9000万円)、6位がワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビール(全体71位、2330万ドル=約26億2000万円)、7位がデトロイト・ピストンズのアンドレ・ドラモンド(全体74位、2310万ドル=約26億円)となっている。

8位からは再びサッカー選手が登場。レアル・マドリーMFハメス・ロドリゲス(全体91位)が2190万ドル(約24億6000万円)。全体でトップ100から外れていたマンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバが、2120万ドル(約23億8000万円)で9位につけた。