【詳細】他の写真はこちら

並び順が気に食わないなら入れ替えてしまえばいいじゃない!



それまでなんともなかったのに、気づいてしまうと、急に意識し始めしまう事ってありますよね。例えるならWindowsでいえば、ドライブの並び順。OSの入っているドライブがC、光学ドライブがD、USBメモリがEだったはずが、気づくとUSBメモリがDで、光学ドライブがEに入れ替わってた……なんてことがあります。

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ

 

このままでも実害はないのでそのまま使えばいいのですが、USBメモリを抜くとDドライブが消えて、ドライブ構成がCとEになるというのは、ちょっと気持ち悪いですよね。もやもやしたまま使うくらいなら、いっそのこと手動で直してしまいましょう。この設定は、「ディスクの管理」から変更できます。

ざっくりと流れを説明すると、USBメモリが使っている「D」のドライブ文字を削除し、光学ドライブを「D」に変更。その後、USBメモリを「E」として認識させる、という手順になります。

あくまで変更するのはドライブ文字だけで、中身には影響ありません。保存されているファイルが消えてしまうことはありませんが、ボリュームの操作となるだけに慎重に行いましょう。



▲一見何ともなくドライブの並びですが、「USBドライブ」がDに。これ、USBドライブを抜くとDが消えるパターンです。変更して入れ替えましょう。



▲スタートボタンを右クリックし、「ディスクの管理」を起動。USBメモリ(リムーバブル)で「D」ドライブとなっている部分を右クリックし、「ドライブ文字とパスの変更」を選びます。



▲するとドライブ文字の設定画面となるので、ここでDを「削除」します。



▲続いて「E」となっている光学ドライブを右クリックし、同じく「ドライブ文字とパスの変更」を選択。



▲今度は「削除」ではなく「変更」を選び、新しいドライブ文字として「D」を選びます。これで光学ドライブがDになりました。



▲USBメモリのドライブ文字設定で「追加」を選び、「E」ドライブへと割り当てれば入れ替え完了。エクスプローラで確認してみましょう。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技

その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?