丸の内勤務の証券マン・江森(通称:えもりん)、30歳。おとめ座。

外見はプーさんそっくり、愛されキャラな男。好きな食べ物はハチミツ...ではなく、『ウルフギャング』のプライムステーキ。

港区生まれ、港区育ち、育ちのいい奴らは皆トモダチ。生まれながらに勝ち組な彼は、日本を代表するエリート・サラリーマンとして独身生活を謳歌している。

だが、イケてるはずなのにちょっと拗らせ気味な男・えもりんの恋の行方を追ってみよう。




「キャー、このお肉、超美味しそう〜!!えもりん、写真撮ってもいい?いい?」

「もちろんだよ、どうぞどうぞ」

亜美はテーブルに料理が運ばれてくるごとに、まるで少女のように瞳を輝かせ、何枚も何枚も写真を撮る。

26歳、丸の内勤務の受付嬢。大きな瞳に白い肌。亜美は可愛い。少なくとも、先週の食事会にいた女子の中では一番可愛かった。

『西麻布 けんしろう』は、隠れ家めいた和モダンな雰囲気で、さらに全室個室というデートにぴったりな店である。

江森は「ここぞ」という時にこの店を使う。

レモンサワーで酔った亜美の瞳はトロンと垂れ気味で、頬もうっすらピンク色に染まっている。

彼女のとりとめのない話も一貫して聞き役に回ってやっているから、自分の印象はすこぶる良いに違いない。時は金曜21:30。このまま行けば、部屋に誘うのも容易いだろう。

しかし、尾崎牛のミスジ肉の写真を撮る亜美を穏やかな笑顔で見守りながら、江森はすでに決断を下していた。

この女に会うことは、もう二度とあるまい。と。


えもりんが、受付嬢にイマイチそそられなかった理由は...?


“丸の内のプーさん”の名づけ親。「港区出禁」を食らったイケメン


「いやー、ないだろ。“肉の写真を撮りまくる女”。どう考えても、ないわ。ボク、ほんと無理」

「江森、おまえって、本当に神経質だよなぁ。いいじゃん、別に料理の写真撮るくらい。あの子可愛かったし、いい子そうだったよ」

古い友人である春彦は、色素の薄い猫目でチラと江森を見やり、『西麻布 五行』の焦がし味噌ラーメンをすすった。

肉ばかり撮影している姿にドン引きしたため、食事後、亜美のことは早々にタクシーに押し込んでしまった。しかしまだ飲み足りなかった江森は、悪友の春彦を呼び出したのだ。

「いや、ただの料理なら別にいいんだよ。ボクだってさ、“シャトーブリアンのけんしろう焼き”のフォトジェニックさは理解してるよ。あれをInstagramのストーリーズにアップしたい20代の女心は分かる」




「でもさ、真っ赤な肉ばっかり撮るのはおかしいだろ。そんなの撮ってスマホにコレクションしてる女、ちょっと恐ろしくないか?」

「......」

春彦は何も答えず、冷めた目を向ける。

そのクールな眼差し、梅雨の湿気にもラーメンの熱気にも全くなびかぬ涼し気な表情は、男の自分ですらたまにドキっとしてしまう。よって、女であればイチコロであろう。

同じく丸の内勤務の商社マンである春彦は、とにかくイケメンである。

オマケに帰国子女特有のスマートな立ち振る舞い、周囲の目を適度に気にしないマイペースさも加わるから、モテモテだ。

しかし来る者拒まず、知り合いと関係のある女たちにも見境なく手を出すため、同性に敵を作りやすいのが唯一の欠点だった。「モテ」をうまく隠すこともできない男なのだ。

20代前半の頃など、慶應幼稚舎出身のプライドの高い社内の先輩の彼女を奪ったとかで、「港区出禁」というしょうもない罰を食らい、活動の場を奪われたこともある。

(その男が一体港区にどんな権限を持っていたのかは不明である)

だが、そんな男の恨みや嫉妬を物ともせず平然とした態度を貫く春彦を、江森は単純に尊敬していた。

「そういうお前は、肉が大好きなのにな。変な奴。“丸の内のプーさん”が、こんなに神経質で気難しいなんて、普通の女は見抜けないよな」

口元をナプキンで拭い、春彦は不敵な笑みを浮かべる。

―こいつ、ラーメンすら絵になるぜ。カッコイイ......。

そんな悪友を、江森はやはり嫌いでないと思う。

そして、自分に“丸の内のプーさん”という素晴らしいあだ名を付けてくれたのも、この春彦だった。


そんな超モテ男の春彦から、まさかの爆弾報告が...?


「可愛い」キャラを確立した、意外にモテるプーさん


色白のモチ肌に、ぽっちゃり体型。

黒目がちな奥二重のつぶらな瞳に、小ぶりのアヒル口。

―こいつ、巷では“丸の内のプーさん”って呼ばれてるから―

いつかの食事会で春彦に突然そんな風に揶揄され、女子たちに爆笑されたときは怒りと羞恥で身体が張り裂けるかと思った。

しかし、このキャッチコピーは思いがけず「可愛い♡」とウケが良く、それ以来、江森はプーさんという名の愛されキャラを確立している。

自分を春彦のようなイケメンだなんてもちろん思わないが、決して不器量なわけでもない。

外見にはそれなりに気を遣っているから清潔感は保っているし、クセのない無難な顔立ちは、意外に女子に人気が高いのだ。

それに、「イケメンってちょっと苦手......」との声も、かなり多い。

よって、春彦を呼び水としてサイドのポジションを固めることで、得られるメリットは十分にあった。

すっかりブランド化された「港区」の生まれ育ちであることも、年を追うごとに自分の武器になっている感覚がある。

証券マンという肩書きだって悪くない。元来のマメな性格が手伝って、営業の成績は同期の中でもトップだった。




「お前って、本当に女のことばっかり考えてるよな。チャラい奴は、そのうち刺されるぞ」

「ハル、分かってないな。ボクはチャラいんじゃなくて、誰にでも平等に優しいんだ。博愛主義なんだ」

先ほどの生肉撮影女・亜美を含め、週末デートを予定している3人の女たち(ディナー×2、ランチ×1)にLINEを打つ江森を、春彦はやはり呆れたように眺めている。

ラーメンだけでは腹が満たされなかったのか、春彦は餃子やら酢モツやら、追加のツマミを次々とオーダーした。

もう30歳になったというのに、この男の体型はシャツ姿の上からでも分かるほど、全く贅肉がなくスラリとしている。きっと、細胞レベルで作りが違うのだろう。

「ところでハル、お前は最近どうなんだ?」

「それがさ、俺、ヒカリと結婚するかも」

江森は、思わずイスをひっくり返しそうになるほど、勢いよく飛び上がった。

「お、お、おまえ...、ヒカリって、あのヒカリ?!いつの間にあんな女を......!」

ヒカリというのは、某人気ファッション誌の表紙をしょっちゅう飾る人気モデルだ。

しかし、ただの美貌のモデルならまだしも、ヒカリは有名デザイナーを親に持つ超のつくお嬢様だ。学生時代から顔見知りではあるものの、高嶺の花どころでなく、異次元レベルの女だった。

「まぁ、たまたまそんな感じになって、たまたま向こうの親にバッタリ会っちゃってさ...。それに、俺ももう30歳だし、子どもとか欲しいからさ」

「う、ウソだろ...。お前が、子ども...?」

あまりの驚きで声を裏返してしまいながら、自称博愛主義の気の多い男・江森は、親友に焚きつけられ、初めて「結婚」というものを意識した。

▶NEXT:7月8日 土曜更新予定
毎週のように開催される結婚式に、さらに結婚願望を触発されるえもりんだが...?