アイスベッドに並ぶ海の幸の数々は、産地直送で鮮度抜群!

アイスベッドから好きなシーフードを選んで注文すると、その場で好みの料理にアレンジしてくれる新店が六本木にオープン。その名も『#uni Seafood(ウニ・シーフード)』。

店名の通りうにを使用したメニューはどれも絶品&豪快!そんな同店の魅力をお伝えしよう。



まずは入り口右手に備わるアイスベッドへ。新鮮な魚貝から好きなものを購入しよう。
市場のような贅沢を六本木の真ん中で堪能

「今日は思いっきり魚介を楽しみたい」という日にぴったりなのが、2017年4月に六本木に誕生したシーフードダイナー『#uni Seafood(ウニ・シーフード)』。

場所は六本木のど真ん中。地下鉄六本木駅から徒歩3分で到着する。店に入るとまず目に入るのはアイスベッドにズラリと並べられた鮮魚の数々。この新店は、フィッシュマーケットスタイルが特徴なのだ。

フィッシュマーケットスタイルとは、アイスベッドに並ぶ魚介から好きなものを選び、各々お好みの調理法でオーダーできるスタイルのこと。高級食材のオマール海老やズワイガニなどもよりカジュアルに楽しめる。



「本日の鮮魚の刺身」(1人前700円※オーダーは2人前〜。)。こちらはカルパッチョでのオーダーも可能。※写真は4人前、魚介の種類は日替わり
え?箱うにをひと箱購入して、自分好みに料理できるって?

この店を初めて訪れるとあまりの鮮魚の品揃えの良さに、迷うことは必至。そこで今回はおすすめの楽しみ方を人気の北海道の霧多布水産から直送される「うに」を使ってご紹介しよう。

まずはアイスベッドで「箱うに」を1箱購入。スタッフから調理法を聞かれるので「刺身とパスタでお願いします」と伝えよう。

しばらくすると「本日の鮮魚の刺身」に箱うにが盛られた贅沢な一皿が運ばれてくる。本マグロやホタテなど旬の味を楽しめる。

また、刺身には醤油ではなく鮎魚醤を付けて食べるのもこだわりのひとつ。鮎と塩で作られた発酵調味料が、魚介の味わいをより引き立ててくれる。



「生うにのクリームパスタ」(パスタ1,400円、箱うに1箱3,000円〜時価)※価格は箱うにの価格により異なる
箱うにを、半分はそのまま、半分はパスタに!これぞ贅沢!

続いては「生うにのクリームパスタ」が登場。
鮮魚のアラからとる出汁の
フュメ・ド・ポワソンをベースに、練りうにと生クリーム、そしてフレッシュな生うにも加わり、濃厚な味わいを楽しむことができるパスタソースが完成する。

美味しさの秘訣は、ベースとなるフュメ・ド・ポワソン。さまざまな鮮魚が集まる同店だからこそ、贅沢にアラをたっぷり使って作ることができるのだ。

パスタはフェットチーネをセレクト。2種類から好みを選ぶことができるのも嬉しい。今回は、箱うにの半分をパスタに使用したが、もちろん箱うに全てをパスタに!という贅沢オーダーも可能だ。



「自家製いくら」(1瓶1,800円)をたっぷりとパスタに!
贅の限りを尽くすならここまでしたい!

美味しそうなパスタを目の前に財布の紐が緩んだなら、アイスベッドからいくらの瓶を購入し、うに×いくらの極上パスタにアレンジするのもいい。

余ったいくらは他の料理と合わせて食べても、そのままつまんでつまみにしてもいいだろう。


うにとトリュフの冷製パスタや、ランチの箱うに定食もすごい!



冷製パスタ「うにまぜそば」も同店のイチ押し。ほぼ生うにと生クリームのみで作られる濃厚な逸品。席でかけられるトリュフの香りも◎。パスタと混ぜそばに半箱を少しずつ使ってもらうのもおすすめだ。

今日はうにで楽しみ方を紹介したが、例えば、金目鯛を1匹購入すると、半身をお腹にハーブを入れてからロースト。

半身をお刺身。または、半身をふんわりとした身の食感が楽しめるポワレ。半身をグリルなども可能。楽しみ方は無限に広がっていく。



「野菜と魚介のコンソメジュレ 生うにのせ」はハッシュタグ付きのSNS投稿で無料贈呈!
殻付きうにもなんと無料でもらえちゃう!!

SNS映え間違いなしのフォトジェニック料理の数々に、SNSに写真を投稿しようと考える人も多いはず。

そんな時は「#uniseafood」を忘れずに!ハッシュタグを付けて投稿すれば「野菜と魚介のコンソメジュレ 生うにのせ」が無料で1名1品もらえちゃうのだ。

魚の出汁をジュレに、ズッキーニ、ニンジン、パプリカ、トウモロコシなどを混ぜて仕上げた、爽やかな一品を無料で楽しめるのだから、投稿しない手はない。



「箱うに丼」(1000円)など週に1回不定期でお得なランチメニューを提供。
六本木ランチ難民のオアシスにも!?

『#uni Seafood(ウニ・シーフード)』は、ディナーだけでなくランチも営業。このランチがまたお得すぎるのだ!

魚介を使用したパスタが2種類、シーフードカレーなど全てが1000円で楽しめる。そして注目は不定期に登場する1日数食限定の1品。

たとえば「箱うに丼」や「カニ、いくら、うにの三食丼」が1000円で味わえるなど、お得過ぎる丼は瞬殺必至。ぜひオープン直後を狙って、このお得なランチを堪能して欲しい。