Facebookが昨年からiOS向けに導入開始した新機能「Wi-Fiを検索」の、利用可能な地域を拡大しました。

近くにある無料Wi-Fiスポットがマップに表示

これは事業主がFacebookと無料Wi-Fi情報を共有するのと引き換えに、Facebook側が同ユーザーに対し事業主の宣伝を行なうというものです。
 
利用するには、「設定」で「Facebook」→「設定」をタップ、「位置情報の利用を許可」を「常に許可」に設定する必要があります。「このAppの使用中のみ許可」の設定では利用できないので、注意が必要です。
 
設定後、Facebookアプリの「Wi-Fiを検索」をタップすると、現在地の近くにある無料Wi-Fiスポットがマップ上に表示されるとともに、下の部分に無料Wi-Fiを提供している事業主の広告が表示されます。
 

 
日本国内で公衆無料Wi-Fiに簡単に説億できるアプリとしては、「タウンWiFi」などがあります。

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)