イーロン・マスクのトンネル第1号は約150m、SpaceXと道向いの駐車場を結ぶ?エレベーターも稼働予定
穴掘り業者The Boring CompanyのCEOイーロン・マスク氏が昨日ツイートした掘削機GoDot(ゴドー)の始動は、カリフォルニア州ロサンゼルス郡ホーソーンにあるSpaceX本社ビルの傍らから始まりました。The Boring Companyはこの4月にSpaceXの敷地内にGoDotを設置した写真を公開していたので、これは別に驚くことでもありません。
昨日のツイートでは、掘り始めたトンネルの行先もまた、はっきりとはしていませんでした。しかしマスク氏の新しいツイートによると、どうやらそれはSpaceXの西側にある駐車場だった模様。この駐車場は片側3車線の広い道路を挟んだところにあり、マスク氏はまず手始めにSpaceX本社とこの駐車場を地下道で結ぶことしにたようです。
もちろん、公道の地下を掘り進めるわけですから許可なくやるわけにはいきません。このため、The Boring CompanyはSpaceX敷地内で先行して縦坑を掘り起こしつつ、地元当局にトンネル設置計画を提出し、許可を求めていました。すでに許可がおりているならば、約150m先の道向かいにある駐車場を結ぶ地下道を完成させることができます。

イーロン・マスク氏の野望は、LAの交通渋滞を回避するために自動車やバイクさらには歩行者までをカバーするライド方式の地下移動網を構築することです。その第1歩はわりとささやかなものから始まることになりましたが、この小さな1歩もThe Boring Companyにとっては大きな1歩といえるかもしれません。

なお、マスク氏によると来週には縦坑部分にエレベーターを設置、稼働する予定とのこと。このツイートでマスク氏は「car/pod elevator」と記していることから、ただ駐車場までを結ぶ地下道ではなくさらに遠方へ延伸する、本来の自動車用トンネルとすることも考えていそうです。


[Image : Elon Musk(Twitter)]