米ホワイトハウスで共同記者会見を行う文大統領(左)とトランプ大統領=30日、ワシントン(聯合ニュース)

写真拡大

【ワシントン聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のトランプ大統領が30日午前(日本時間同日夜)、米ワシントンのホワイトハウスで初の首脳会談を行った。文大統領は会談後の共同記者会見で北朝鮮問題について、「韓米首脳は北の核問題の解決を最優先課題とし、関連政策を緊密に調整することにした」として、「制裁と対話を活用した段階的かつ包括的なアプローチに基づき、根本的に解決することで一致した」と述べた。

 また、「われわれは北の挑発に断固として対応していく」と強調。「韓米両国が直面している深刻な挑戦は北の核とミサイルによる脅威」として、「北は核問題の解決のための韓米両国の確固たる意志を過小評価せず、朝鮮半島の非核化に向けた対話のテーブルに早急に戻るよう促す」と呼びかけた。
 その上で、「韓米同盟に対する米国とトランプ大統領の確固たる思いを高く評価する」とし、「韓国も韓米合同防衛能力を強化し、国防改革を通じて独自の防衛能力を高める。この過程における防衛産業技術の協力活性化に期待する」と述べた。
kimchiboxs@yna.co.kr