米ホワイトハウスで共同記者会見を行う文大統領(左)とトランプ大統領=30日、ワシントン(聯合ニュース)

写真拡大

【ワシントン聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のトランプ大統領が30日午前(日本時間同日夜)、米ワシントンのホワイトハウスで初の首脳会談を行った。トランプ氏は会談後に開いた共同記者会見で、「北朝鮮に対する忍耐は終わった」と述べた。

 トランプ氏は「北朝鮮に拘束され、(米国に帰国後に)死亡した米大学生に北朝鮮政権がしたことを全世界が目にした」として、「北朝鮮は生命を尊敬しない」と批判した。
 トランプ氏は少人数会談後に政府関係者らも交えて行った拡大会談で、北朝鮮問題について、「われわれは極めて強力で確固たる計画を持っている」と述べた。その上で、「北朝鮮(問題)に対する多くの選択肢を持っている」として、「われわれは多くの選択肢に関して議論している」と明らかにした。
kimchiboxs@yna.co.kr