バイエルン、U-20ドイツ代表MFガウディーノがキエーボへ完全移籍

写真拡大

▽バイエルンは30日、U-20ドイツ代表MFジャンルカ・ガウディーノ(20)がキエーボへ完全移籍したことを発表した。正式加入は2017年7月1日以降となる。

▽元ドイツ代表MFのマウリツィオ・ガウディーノ氏を父親に持つガウディーノは、2014-15シーズンに17歳でトップチームデビュー。しかし、その後は分厚い選手層に阻まれ、公式戦11試合と出場機会に恵まれなかったことから、2015年の冬にザンクト・ガレンにレンタル移籍。ザンクト・ガレンでは、1年半で公式戦36試合に出場し1アシストを記録していた。

▽また、ドイツとイタリアの二重国籍を持つガウディーノは、現在U-20ドイツ代表としてプレーしている。

▽ガウディーノの移籍についてバイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲ会長は「父の両親の国イタリアでの、ジャンルカのこれからの成功を祈っている」