AppleはiOS11より、AR(仮想現実)への本格対応に向けて大きく舵を切ります。すでにデベロッパー向けに配布されているARKitを利用して、早くもiOSをプラットフォームとした様々なアプリが登場しています。

ARコミュニティの盛り上がりに感動

Appleでプロダクトマーケティング部門の副社長を務めるグレッグ・ジョスウィアック氏も、ARKitを用いたデベロッパーコミュニティでのARの盛り上がりは「信じられない」と目を細めます。
 
仮想の巻き尺から、木でできた踊るバレリーナに至るまで、彼らは何でも作り上げている。ごく僅かな期間で彼らがしたことを思うと、本当に驚異的だよ」と、同氏は豪メディアThe Australianのインタビューに答えます。「どんなものが現れるのか、誰にも予測がつかない。ただ、それらが何であろうと、我々はゼロからスタートするんだ」

ARグラスはリリースしない?

商業的な括りで言えば、ARアプリは、ショッピングや家具の配置、教育、トレーニング、サービスといった部門で進化を遂げていく、とジョスウィアック氏は考えているようです。事実、すでにIKEAが部屋にバーチャルな家具を配置できるARアプリをAppleと開発していることが分かっています。
 
一方で興味深いことに、ジョスウィアック氏は、AppleがARグラスやヘッドマウントディスプレイを製作する計画はない、とも述べています。
 
これまでは、iPhone8がヘッドセットを想定した作りになっていることや、Carl Zeissと協力してスマートグラスの開発に取り組んでいる観測などが指摘されていました。彼によれば、Appleは新たなデバイスよりも、すでに数十億台が行き渡っているiPhoneやiPadをテコにして、ARを進化させていくつもりとのことです。

Siriに新ボイスが登場するかも

この他にも、グレッグ・ジョスウィアック氏はインタビューで、12月にリリース予定のHome Podに合わせて、様々なHomeKitデバイスが登場予定であることや、これまでとは異なるSiriのボイス(オーストラリア訛りなど)の開発、Appleのマシンラーニングへの取り組みなど、Appleの方向性を色々と指し示してくれています。
 
秘密主義で知られるAppleですが、副社長ともなると、色々と話しても大丈夫な裁量が与えられているのでしょうか。
 
 
Source:The Australian
(kihachi)