上手に愛して、愛される。幸せな関係を築く3つの方法

写真拡大 (全2枚)

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。もっともっと人間関係を良くしていきたいし、自分もストレスフリーで悩むことなく人付き合いをしていきたい!仕事でも、プライベートでも、いつも誰かと関わるからこそ、上手に人間関係を築ける自分になっていきたいですよね。
実は、人間関係がうまくいく人とうまくいかない人には、マインド面での徹底的な差があるのです。今回は、今の人間関係をもっと良くし、ノンストレスで上手に愛し・愛される関係を創るための3つの方法についてお伝えしていきたいと思います。
1.人間関係が上手な人は、「愛せる人だけ」を愛する
実は多くの人が出来ているようで見落としてしまっているのが、「すべての人を愛する必要はない」ということです。優しくて誠実、真面目な女性ほど、できるだけたくさんの人と上手にやりたくて......ついつい、「目の前に現れる、すべての人を愛そうとする」無意識のクセがあるんです。無意識だからこそ、気づいていないことも多いのかもしれません。でもこれは、論理的には無理なことなのです。なぜなら、人には選択の権利があり、あなたがいくら愛したからといって、相手まであなたと同じように愛情が深いかというと、それは違うから。ここで大切なことは、「愛せる人だけを愛する」、そして、「あなたを愛してくれない人」「あなたがとうてい、愛せないような人」は愛さないと、徹底的にクセづけること。たとえば、尊敬できて、相手もいつもよく思ってくれて......。そういう相手ならば、愛したところでどんどん愛情や感謝が返ってきますから、関係もぐんぐん良くなります。
けれど、あなたが気遣っても素知らぬ感じ、いつも素っ気ない、むしろ愚痴や迷惑ばかりかけられる......。こんなふうに「愛してくれない人」「あなたが愛せない人」は、あなたが必要以上に愛情をかける必要はありません。人のエネルギーは限られています。だからこそ、愛せる人を愛することで、どんどん自分もノンストレスになりますし、愛せない人は愛さないと決めることで、ぐんと悩むことも減るのです。
2.全てではなく「愛せる部分だけ」を好きになればいい
愛せる部分を探して、そこで接する!次に大切なことが、「その人のどの側面で関わるか?」ということ。人は決して、一側面の生き物ではありませんよね。たとえば、仕事に一生懸命でも、実は少しぶっきらぼうなところもあるとか、優しいけれどシャイなど、「それだけではない側面」があります。ここで、「あ、この人、こんな部分があるんだな、イヤだな」と1度感じてそこに集中してしまうと、脳の機能上、そこにばかり意識が向くようになるんですね。そして、あなたがイヤだと思えば思うほど、相手もその気持ちを無意識に感じ取り、もっともっと面倒くさい態度をしてきたり......こうしたとき、「その人全部がイヤ!」となるのではなく、単に、「その人のイヤな側面に引っかかってしまっただけ」と捉えてみましょう。そして、その人の別の部分で接するようにしてみます。たとえば、ちょっとくらい受け答えがぶっきらぼうであったとしても、「仕事がいつも丁寧で、本当にここまで対処してくださってありがとうございます」と、よいところにフォーカスをしたとします。すると、その人は、あなたがフォーカスしてあげたことで、もっともっとその部分であなたに接してくれるようになるんですね。その人そのものを愛する必要はありません。でも、あなたが愛せる、その人の「部分」をちゃんと愛してあげる。こうすることで、あなたの周囲の人は、どんどんあなたが好きな相手に成長していくのです。
3.どう接してくれたら好きになれる?ルールを作っておく