室井佑月氏

写真拡大

29日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、作家の室井佑月氏が、豊田真由子衆議院議員について、恐怖心を抱いたような指摘をする場面があった。

番組では「秘書への“暴言・暴行”新たな音声 豊田真由子議員『真由子様に向かって』」と題し、豊田氏の元秘書に対する暴言・暴行に関する騒動を特集した。

その中で、新たな音声データとして、豊田氏とみられる女性が、元秘書と思われる男性に発した「豊田真由子様に向かって、『お前のやってることは違うと言うワケ?』私に!」などの怒声や、赤ちゃん言葉で叱責する音声を公開した。

スタジオでは、司会の恵俊彰にコメントを求められた室井氏が「相手を不快な気持ちにさせる…」「なんか素人とは思えない、プロっぽい感じがしちゃう」と指摘。「もしかして意外とですよ、そういうことを学んでいるんじゃないかな」と推察した。

さらに「急に怒鳴り声からの歌になったりとか、人を追い込めたりすることを学んでるプロに感じます」とも話し、恐怖心を抱いたような室井氏のコメントに、恵も「いくつもそういうパターンがありそうですもんね、本当にね…」と漏らしていた。

【関連記事】
坂上忍が豊田真由子議員に辛らつ「入院という名の雲隠れをされてる」
モト冬樹が豊田真由子衆院議員の暴言に憤り「ハゲ全員敵に回した」
豊田真由子議員の「高速道路の逆走」との釈明に疑問の声相次ぐ「ハゲとは言わない」