カワイ創立90周年記念ピアノ発売、発表会にはYOSHIKIが紅白で弾いたクリスタルピアノ新型も

写真拡大

河合楽器製作所創立90周年記念モデルとして、グランドピアノとアップライトピアノ、オンキヨーとのコラボレーションによるハイブリッドデジタルピアノが登場。29日に行われた発表会には昨年の紅白歌合戦でX JAPANのYOSHIKIが弾いた新型クリスタルグランドピアノも展示された。

2017年に創立90周年を迎えた河合楽器製作所が、多くのカワイファンに感謝の気持ちを込めて発売する創立90周年記念モデルは、グランドピアノ1機種とアップライトピアノ3機種、そして、カワイのピアノ技術とオンキヨーのオーディオ技術を融合したハイブリッドデジタルピアノ「NOVUS NV10」の計5機種。

グランドピアノ「GX-2NA」は、カワイのスタンダードグランドピアノであるGXシリーズの「GX-2」を90周年記念特別使用に仕上げたモデル。華やかで伸びのある音色が特徴のイタリア・チレーサ社製の響板を搭載。この響板に使用されたのは、ヴァイオリンの名機ストラディバリウスと同じ産地のスプルース。ハンマーはフェルト作りから見直した特別仕様のハンマーを使用している。

アップライトピアノ「K-300NA」は、2014年の発売以来カワイのアップライトピアノのベーシックモデルとして多くのユーザーに愛用されている「K-300」がベース。Kシリーズでは上位機種のみで採用しているファインアイボリー白鍵、ファインエボニー黒鍵を90周年記念モデルだけに搭載。象牙・黒檀に近い感触を再現し、ワンランク上の満足感が得られる仕様となっている。

新しい木目塗装を施したインテリアにマッチするアップライトピアノとして、「K-300NA インテリアバーチ」「K-300NA インテリアウォルナット」の2機種がラインナップ。木材の自然な風合いや木質の美しさを引き出す塗装は、高級家具にも採用されているオイルフィニッシュの質感に近い仕上げで、従来の木目塗装に比べ傷に強く、汚れもつきにくいのが特徴。こちらもファインアイボリー白鍵・ファインエボニー黒鍵を搭載する。

これらのアコースティックピアノ4機種の型番の「NA」は90th Anniversaryから。いずれも90周年記念プレートを配し、ペダル周辺にもペダルガードプレートを採用し、プレミアムな装いを演出している。

■オンキヨーとのコラボによるハイブリッドデジタルピアノ「NOVUS NV10」

「NOVUS NV10」は、グランドピアノの鍵盤アクションを搭載した、ハイブリッドデジタルピアノ。同社とオンキヨーは2015年11月の資本業務提携以降、新規カテゴリ製品・サービスなどの共同開発を進めてきたが、本機が初の共同開発製品となる。「NOVUS(ノーヴァス)」は、「新しい」「新鮮な」という意味を持つラテン語で、「新しいハイブリッドピアノ」という意思が込められている。

カワイのグランドピアノ鍵盤アクション「ウルトラ・レスポンシブ・アクションII」を、ハイブリッドデジタルピアノ用に特別にアレンジして搭載。打鍵によりハンマーが跳ね上がり発音する鍵盤機構は、ピアノメーカーの技術を集約。グランドピアノ同様、88鍵で異なるハンマーの重さも再現している。また、グランドピアノはダンパーペダルが踏まれている時は、踏まれていない時に比べて鍵盤タッチが軽くなるが、「NV10」はこのダンパー機構も搭載。これまでのデジタルピアノにはなかった、ダンパーペダルによるタッチ感の違いも再現している。

音源にはカワイのフルコンサートピアノSK-EXのすべての鍵盤マルチチャンネルでサンプリング。88鍵盤全体をモデリングしてピアノ特有の響きを作り出す技術と融合することで、グランドピアノが持つ演奏の心地よさ、優れた音のレスポンスを実現。ピアノ音色としては数々のコンクールで高い評価を得ているコンサートグランドピアノSK-EXをはじめSK-5、EXの3種のカワイグランドピアノ音を内蔵する。