ホンダ、50ccスクーター「Dunk」のカラーバリエーションを変更し7月14日発売


 ホンダは、50cc水冷エンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載したスクーター「Dunk(ダンク)」のカラーバリエーションを変更し、7月14日(金)に発売する。

 スポーティーなイメージのマットガンパウダーブラックメタリックと、シルバーを基調にした高級感のあるマットビュレットシルバーの2色を新たに設定。新色では、ブレーキキャリパー、リアサスペンションスプリング、サイドモール、車名ロゴなどの各部をそれぞれの専用色で塗装し、ツートーンカラーのシートを採用した。
 継続採用の4色と合わせた全6色の展開となり、Dunkのスタイリングをより際立たせる豊富なカラーバリエーションで、若者を中心とした幅広い層に応えられるものとした。


 Dunkのカラーバリエーションは、マットガンパウダーブラックメタリック(新色)、マットビュレットシルバー(新色)、キャンディーブレイズオレンジ、アトモスフィアブルーメタリック、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイトの寝食を含む6色。

 国内年間販売計画台数は、5,200台。希望小売価格(消費税込み)は、Dunk マットガンパウダーブラックメタリック、マットビュレットシルバー 220,320円 / Dunk パールジャスミンホワイト、キャンディーブレイズオレンジ、トモスフィアブルーメタリック、ポセイドンブラックメタリック 214,920円。

【ギャラリー】Honda Dunk3

■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp/