スズキ、V-Stromシリーズに250cc新型モデル「V-Strom 250」を追加し7月6日発売


スズキは、スポーツアドベンチャーツアラーのV-Stromシリーズに250ccの新型モデル「V-Strom 250」を追加し、7月6日より発売する。

「V-Strom 250」は、ツーリングでの快適性と日常的な扱いやすさを両立させ、幅広いユーザーのニーズに応えた、スポーツアドベンチャーツアラーのエントリーモデル。


水冷2気筒248cm3エンジンは、フリクション低減や燃焼効率向上を図り低中速の扱いやすさを重視した出力特性(最高出力18kW/8,000rpm、最大トルク22Nm/6,500rpm)とし、燃費性能を39.0km/Lとした。


車体には、専用セッティングを施したフロントフォークと7段階調整式のリヤサスペンションを採用、800mmの低いシート高に良好な足つき性と取り回し性能を実現した。

シリーズ共通イメージのスタイリングを採用し、ヘッドライトを中心にアウトドアギアのタフなイメージのデザインとした。


「V-Strom 250」の世界目標販売台数は、15,000台。希望小売価格(消費税込み)570,240円。

【ギャラリー】SUZUKI V-Strom 2506

■スズキ 公式サイト
http://www.suzuki.co.jp/