プレミア昇格のハダースフィールドがクラブレコードでシティからオーストラリア代表MFムーイを獲得

写真拡大

▽来シーズンからプレミアリーグに昇格するハダースフィールドは30日、マンチェスター・シティのオーストラリア代表MFアーロン・ムーイ(26)を完全移籍で獲得することを発表した。契約期間は2020年までとなる。クラブ史上最高額での加入とのことだ。

▽ムーイは、ボルトンの下部組織出身で、セント・ミレンやウェスタン・シドニー、メルボルン・シティでプレー。2016年7月にマンチェスター・シティへフリートランスファーで加入すると、ハダースフィールドへとレンタル移籍。チャンピオンシップ(イングランド2部相当)では45試合に出場し4ゴール7アシストを記録。チームの1972年以来となるトップディビジョン復帰に貢献していた。

▽オーストラリア代表としても22キャップを記録し、ロシアで行われているコンフェデレーションズカップ2017にも出場。ドイツ代表戦、カメルーン代表戦にフル出場していた。

▽なお、今夏ポルトから加入していたベルギー代表FWローラン・ドゥポワトル(28)がクラブ史上最高額の移籍金で加入していたが、ムーイが記録を更新。800万ポンド(約11億6400万円)をシティに払い買い取ったとのこと。最大で1000万ポンド(約14億5500万円)に上昇する可能性を残しているとのことだ。