ウーマンラッシュアワー・村本大輔

写真拡大

 お笑い芸人の村本大輔(ウーマンラッシュアワー)が、6月16日放送の『金曜・ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、「嫌いな芸人ランキング」1位になった。

 ツイッターやラジオでの過激発言から「炎上芸人」として人気を集め、今やバラエティやラジオに引っ張りだことなった村本だが、最近はネタではなく芸人の間でリアルにトラブルを起こしているという。

 事の発端は、あるお笑い番組の収録。村本は普段のように毒舌を吐き、番組の終盤に「お笑い芸人はネタやらなくなったら終わり」と熱弁したが、それに対しネタをあまり披露しなくなったお笑い芸人たちが難色を示し、反感を買ったという。

 そのような場面は今までにも数多くあったはずだが、なぜかこの日は特に雰囲気が悪くなり、スタッフたちも冷や冷やしていた。番組内での発言ということもあり、ひとまずその場は大きな揉め事にもならなかったが、問題が起きたのはその後だ。

 村本は先輩芸人たちと飲み会に行ったが、そこでも収録時と同じように「ネタをやらない芸人はダメだ」と話し出した。

「飲み会にはお笑い芸人の先輩である品川祐(品川庄司)、木村祐一などがいたらしいです。彼らは、村本の発言に対して特に聞く耳を持たずに流していたようです。おそらく、“後輩がいきがっている”くらいにしか考えてなかったのでしょう」(テレビ局関係者)

 その飲み会は平和に終わったものの、村本はまだ「お笑い論」を話し足りなかったようだ。まさにそのタイミングで遭遇したのが、“お笑い界のジャックナイフ”千原ジュニア(千原兄弟)だった。

「ジュニアも、ほかの後輩芸人を連れて飲んでいたようで、村本もそこに加わることになりました。そして、その場でも同じような話を始めたところ、ジュニアをブチ切れさせてしまったそうです。お酒が入っていたこともあり、かなり激しくやりこめられたようですが、今は関係も修復していると思います」(同)

 村本のお笑いに対する熱い姿勢を、吉本興業の重鎮である松本人志(ダウンタウン)は買っているようだ。確かに、先輩芸人を前に持論を展開させるなど、メンタルはかなり強いといえる。テレビ用につくり上げたキャラではなく、プライベートでもドツかれながらキャラを確立する村本に称賛の言葉を送りたい。
(文=編集部)