台北ユニバの聖火が台湾に  7月に最高峰・玉山から世界にアピール

写真拡大 (全3枚)

(台北 30日 中央社)台湾初開催となる第29回ユニバーシアード夏季大会は8月19日に台北で開幕する。第1回夏季大会の開催地、イタリア・トリノで20日に採火された聖火は、同・ナポリやタイ・バンコク、韓国・テグ(大邱)などを経由して29日、台北に到着した。

台湾での聖火リレーはまず、7月5〜7日の日程で台湾最高峰の玉山(標高3952メートル)の山頂を目指す。その後13日からは台湾全土(22県・市)を巡り、8月19日に開会式が行われる台北陸上競技場(台北市)の聖火台に向かう。

聖火ランナーからトーチを受け取った柯文哲台北市長は、聖火リレーを通じて世界に台湾を知らしめたいと期待を示した。

(梁珮綺/編集:塚越西穂)