年々盛り上がりを増すクラフトビール。味の多彩さは幅広く、無限の可能性があるといわれています。そのポテンシャルを体験するイベントとして大々的に行われているのが、代官山の「SPRING VALLEY BREWERY(以下:SVB)」で開催されている「寿司×クラフトビールフェス」。同イベントは毎年進化を重ねており、来る7月1日、2日に第4回が開催される予定で、今回もかなりスケールアップした内容になっているとのこと。そのムーブメントを追いかけました!

 

代官山に九州の人気回転寿司とクラフトビールが集結!

イベントの会場でもあるSVBで開催された説明会に足を運んだ筆者。そこでは、今回は九州・沖縄編であることが発表されました。現地で根強い人気を誇るものの、関東には進出していない回転寿司3店と、同じように現地の実力派ブルワリー4社が、SVBとともにフェスを盛り上げるわけです。

↑「廻転寿司平四郎」(福岡)、「寿し まどか」(鹿児島)、「廻転寿司まぐろ問屋 やざえもん」(沖縄)が上陸!

↑「宮崎ひでじビール」(宮崎)、「門司港レトロビール」(福岡)、「熊本クラフトビール」(熊本)、「ヘリオス酒造」(沖縄)が、SVB(東京)とともに参加!

 

イベントで提供されるのは、12種類の寿司と13種類のビール。組み合わせは全156通りにもなり、幅広いフードペアリングが楽しめます。同イベントでは、毎回オススメするペアリング例を用意してくれるのですが、今回もその一部を紹介していきましょう。

↑平四郎の「博多名物ごまさば握り」(2貫300円)×門司港レトロビールの「門司港驛ビール」(140ml300円〜)。さばの脂と特製タレの甘みが、アンバーラガースタイルのカラメル風味の苦みとマッチ!

↑まどかの「長島産〆萬サバの屋久島醤油炙り」(2貫300円)×SVBの「三代目鮨祭」(140ml300円〜)。上記と同じくサバの寿司でも、こちらは相乗効果を楽しむペアリング。米麹や魚のダシを使ったホワイト系のビールが、香ばしい味付けと一体になって激ウマです

↑やざえもんの「沖縄ロール」(2貫300円)×ヘリオス酒造の「ゴーヤードライ」(140ml300円〜)。スパムやサーモンなどにゴーヤがアクセントのロース寿司が、ゴーヤのビールに合わないわけがありません。これぞビールの”ゆいまーる(結び付き)”さー!

 

神奈川や埼玉の寿司店でもクラフトビールイベントが開催!

今回の説明会ではもうひとつ、新たな取り組みが発表されたのですが、それが神奈川や埼玉の寿司店や寿司居酒屋で同時多発的にイベントが開催されるということ。これまでは代官山だけでの開催だったので、東京以外の人はなかなか足を運びづらい部分がありました。特に神奈川や埼玉の人にとっては、なんともうれしい試みです。

 

では実際にはどのように開催されるのか、またどんな寿司とビールが提供されるのかは気になるところ。そこでSVBの担当者に話を聞いてみると、「お店に来ていただければ再現しますよ!」というありがたい提案が! ということで、埼玉会場として7月3日から展開される越谷の「海鮮すし居酒屋 沖ちゃん」に行ってきました。

↑海鮮すし居酒屋 沖ちゃん。東武線「越谷駅」の東口から1分程度の好立地にあります

 

同店は埼玉県南部エリアを中心に人気を博す、同県屈指のグルメ回転寿司「沖寿司」が展開する居酒屋業態。愛媛県の宇和島で水揚げしてから48時間で店頭にならぶだてまぐろを中心に、ハイクオリティのネタを使った寿司やおつまみが味わえます。

 

お店に着くと、イベント用に作成したメニューを確認。気合の入りようがハンパありませんでした。しかも、すでにクラフトビールは生で4種類を提供しているということで、そのサーバーを見せてもらうことに!

↑右側の機械が、クラフトビールの専用サーバー「タップマルシェ」

 

そこには、飲食業界で話題騒然となっている「タップマルシェ」が。これは、専門店でなくても気軽にクラフトビールを提供できるように小型化された最新ビアサーバーです。このマシンを使って、1杯300ml、または75mlずつの4種飲み比べセットを734円で提供しているのだとか。ということで、さっそく今回のイベント用の寿司とビールを4パターン試食させてもらいました!

↑真鯛・ホタテ(イタリアンサラダ風)×SVB「オンザクラウド」。甘酸っぱいソースが、フルーティなビールの味にベストマッチ!

↑炙りエンガワ(ポン酢・マスタード焼)×ヤッホーブルーイング「よなよなエール」。焦がした脂の香ばしさにソースの酸味や甘さが加わり、よなよなエールのキレとコク深さがよく合います

↑炙りサーモン(チーズ焼き)×ブルックリンブルワリー「ブルックリンラガー」。脂がのったサーモン&チーズの濃厚さを、ブルックリンラガーの香ばしいモルト感と苦味が包み込む絶妙なおいしさ!

↑マグロホホ肉(ステーキソース)×SVB「アフターダーク」。食べごたえのあるホホ肉がソースと相まって、まるで肉のステーキのよう。深いロースト香の際立つ黒ビールが、脂のジューシーな寿司と美味なるハーモニーを生み出します

 

これらの特別メニューは、すべてビールと寿司のセットで1058円とハイコスパ。しかも沖ちゃんでは、7月3日〜7月31日まで約1か月間の開催です。寿司とクラフトビールの革新的なペアリングを楽しみたい人は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか!

 

【イベント概要】

第4回 寿司×クラフトビールフェス

会場:SPRING VALLEY BREWERY TOKYO

住所:東京都渋谷区代官山町13-1

アクセス:東急東横線「代官山駅」徒歩4分

開催日程:7月1日(土)、2日(日)

営業時間:1日11:00〜22:00、2日11:00〜20:00(予定)

販売券:2000円(入場料500円+300円×5枚つづり券)

追加チケット:1500円(300円券×5枚つづり券)

※各メニューはチケット交換制となります。

 

【SHOP DATA】

海鮮すし居酒屋 沖ちゃん

住所:埼玉県越谷市弥生町17-1 越谷ツインシティAシティ1F

アクセス:東武スカイツリーライン「越谷駅」東口徒歩1分

営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:45)、17:00〜24:00(L.O.23:45)

定休日:なし