初の2マンライブを開催するA9とBAROQUE

 ビジュアル系ロックバンドのA9(エーナイン)とBAROQUE(バロック)が9月8日に、東京・Zepp DiverCityで初のツーマンライブ『Singularity』(シンギュラリティ)を開催する。プライベートでも交流があるとされている両バンドだが、2マンライブをおこなうのは今回が初となる。

 5人組ビジュアル系ロックバンド・A9と、2人組ビジュアル系ロックバンドのBAROQUE。互いに、バンド結成から一気に人気がブレイクし、瞬く間に日本武道館までのぼりつめ、ビジュアルシーンに一大ブームを巻き起こしたバンドだ。

 そこから、様々な紆余曲折を経験。そのたびに、偶然だがお互いバンド名の表記を何度も変えてきた。そんな共通点を持つ彼らが、2015年にカウントダウンイベント『Tokyo Chaos 2015』、昨年はL'Arc〜en〜CielのKenが主宰したイベント『PARTY ZOO』で共演。両者のファンが「A9とBAROQUEのツーマンを観たい!」と心待ちにしていたなか、今回のイベント開催が発表された。

 以前からBAROQUEの圭(Gt)とA9のヒロト(Gt)、将(Vo)はプライベートでも交流があり、そこから現在はBAROQUEの怜(Vo)と将も付き合いがあるという2組だが、彼らがバンドとして本格的に2マンをおこなうのは今回が初となる。

 この2組が<特異点>を意味する「Singularity」というタイトルの元、互いの特異性をいかしたパフォーマンスでぶつかり合ったとき、そのクロスポイントで果たしてどんなミラクルが生まれるのかに期待が集まる。

 なお、同公演のチケットは7月22日の午前10時から各プレイガイドで一般発売を開始。

 そして、7月1日の午後12時からイープラスで先行発売がスタート。イープラス先行購入者全員には公演日当日、会場で限定メモリアルピクチャーチケットがプレゼントされる。