バリカンを使い、自分でヘアカットすることにした海外の少年。

トップを綺麗に刈りそろえる予定だったのですが……。

起きてしまった悲劇をご覧ください。

 

Kid attempts to cut his own hair

[動画を見る]
Haircut Tutorial Gone Wrong - YouTube


バリカンを髪にあてて、ジョリジョリ。

うん、いい感じ。


さらにジョリジョリ……「えっ!?」


「うわあああ!」

[画像を見る]
「ウソ…だよね……」

[画像を見る]
あわてて髪を抑えつけて、なかったことに。

[画像を見る]
しかし現実は残酷です。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●ええと、彼は元に戻せたので、とりあえず問題ない。

↑髪を地肌に接着して貼る。そうすれば大丈夫。

↑彼はまるで、カートゥーンアニメのように元に戻しているな。

↑その直しかたに少年は満足げだ。

↑子どもよ。ハゲてる大人からのアドバイスだ、これを試したことがあるが、うまくいかない。

●自分でヘアカットの失敗は誰もが通る道だ、早いほうが良い。

↑自分も初めは失敗した。

↑少年も2度と試さないことを学んだ気はする。

●どちらかというと、「しまった!! 母さんに叱られる」って表情だ。自分が14歳のとき、突然頭を剃りたい欲求に駆られた。

●同じことをやったが、母親は笑いに笑った。ついでに近所の人まで招待して一緒に笑っていた。

●「ああ、しまった!」を表すユニバーサルな表情。


セルフカットを試して失敗した人は意外と多いようでした。

地肌が見えてしまった以上、潔くスキンヘッドにしたほうがよさそうです。

【自分でヘアカットをした少年「誰かウソだと言ってよ!?」→悲しい結果に終わる】を全て見る