【詳細】他の写真はこちら

ぜひ仕事中に装着してみたい。

最近は心拍数を計測してトレーニングに役立てるウェアラブル製品が数多くありますが、それらを一歩進めて脳波と心拍数のダブル測定で健康状態を把握できる『BRAINNO』が登場しました。状態に応じた音楽やゲームを提供してストレスを低減してくれるというこの製品、現在クラウドファンディングサイトのIndiegogoにプロジェクトページを掲載中です。

コンパクトながら医療レベルの脳波計測が可能





『BRAINNO』はイヤホンのように耳へ装着して利用するデバイス。耳の後部に位置する3つのセンサーが脳波を測定する仕組みとなっています。。脳波の計測には医療レベルの計測チップが利用されているそうで、その実力は侮れません。本体サイズは補聴器ほどの大きさで、重量はわずか30g。外観的にはBluetoothヘッドセットのようにも見えるので、仕事中にストレスを感じた時など周囲を気にせず装着できそうです。

アプリ連携でサクサクストレス軽減





測定した脳波と心拍数はBluetooth経由でスマホアプリへとリアルタイム送信され、スマホの画面上で健康状態をチェックできます。『BRAINNO』面白いのはここからで、測定結果に応じてなんとゲームや画像、音楽などで健康状態の改善を試みてくれるのだそう。ゲームには脳波のトレーニングに最適なものがいくつか用意されているらしいのですけれど、ただでさえストレスがかかるような環境下で「ゲームやってる場合じゃねえ!」なんてことにならないかが心配……。なお、アプリはiOS向けとAndroid向けにリリース予定だそうです。

現代のストレス社会に必須のガジェット?





『BRAINNO』のプロジェクトはすでに資金調達に成功しており、現時点では130ドル(約1万5000円)を支援すれば1つ入手可能。製品の出荷時期は2017年10月の予定。全世界へ配送対応してくれるようです。



文/塚本直樹

関連サイト



『BRAINNO』プロジェクトページ(英語)