楽しいはずの旅行が台無し… 日本でAirbnbトラブルに巻き込まれた韓国人が話題

写真拡大

韓国のネットで、日本旅行中にAirbnb(エアビーアンドビー)サービスを利用したが部屋で隠し撮りの被害に遭ったという韓国人カップルの書き込みが話題になっている。

Airbnbは、一般住宅を宿泊施設として貸し借りできる仲介サービス。最近、若者を中心に世界で流行っており、日本や韓国でも普及が進んでいる。

2回目の宿泊で発見

書き込みによると、「ベッドに横になったところ、天井の火災警報器に緑のライトが点灯して違和感を覚えた。よく見てみたら火災警報器にしては変な位置に付いていたし、覗き穴のようなものがベッドに向けられていた」そうだ。

カップルは最初「隠し撮りだったりして」などと冗談めかしたのだが、ネット検索で同じタイプの「火災警報器型隠しカメラ」を発見。ビックリして客室のものを取り外してみたら案の定、カメラやマイク、SDカードなどが入っていた。

保存された映像には、カップルが入室してからカメラを発見するまでの様子がすべて映っており、カップルはすぐに在日本韓国領事館を通して警察に通報した。念のためにすべての映像をコピーし、Airbnb側にも強く抗議したという。

投稿者が何よりも憤慨しているのは、去る1月にも同じ家で宿泊したことがあるということだ。

この投稿を受け、韓国のネット民は「所詮は他人の家。十分気をつけた上で利用するべし」「これじゃあ怖くて使えないな」「日本人の民度がわかる」「ちょっと高くてもホテルが安心だな」といったコメントを寄せている。

一生のトラウマに

Airbnbによるトラブルはこれが初めてではない。今年の2月には、福岡を旅行中の韓国人観光客がAirbnbで借りた部屋で首吊り自殺を発見。家の主人とは連絡が取れなかったため、自ら警察に通報し、参考人として警察署に同行させられたこともあった。

彼は容疑者として誤認されるのではと怖がっていたが、一晩中調査を受けたのち韓国に帰国。楽しいはずの旅行が一生のトラウマになってしまった。

日本では6月9日の住宅宿泊事業法(民泊新法)に伴って本格的なプロモーションを展開しているAirbnb。今後、民泊トラブルはますます増えそうな気がするが、はたして。

(文=S-KOREA編集部)

(参考記事:「大阪が“嫌韓注意報”で大騒ぎ」…今度は14歳の韓国人旅行者が日本人に殴られた!?