スペインのアカデミー賞<ゴヤ賞>を最多5冠獲得した話題作「しあわせな人生の選択」が7月1日(土)より全国順次公開される。

 

本作は、第30回ゴヤ賞でイザベル・コイシェ監督らをおさえ最多5冠に輝き、ほかにも第63回サン・セバスティアン国際映画祭、第8回ガウディ賞など数々の映画賞を獲得。「オール・アバウト・マイ・マザー」「あなたになら言える秘密のこと」などの名作を世に送り出してきたスペイン映画界から、また新たな傑作が誕生した。

 

出演するのは、「瞳の奥の秘密」「人生スイッチ」など、アルゼンチンで最も有名な演技派俳優の一人、リカルド・ダリン。本作では余命わずかな日々を愛犬トルーマンとともに過ごす男性フリアンをきめ細やかに演じている。

 

そして、フリアンに振り回されながらも一緒に行動し寄り添う親友トマスを、「トーク・トゥ・ハー」のハビエル・カマラが演じる。さらにフリアンの愛犬トルーマンの演技と存在感も必見だ。

 

今回公開された本編映像では、余命わずかと告知された主人公フリアン(リカルド・ダリン)が親友トマス(ハビエル・カマラ)と共に行きつけの動物病院に愛犬トルーマンの今後について相談をしに行く場面から始まる。フリアンには長年ともに暮らしている唯一の家族の飼い犬・トルーマンがいるが、この先自分がいなくなった後にひとり残されてしまう愛犬の身を案じ、新しい里親を探していた。フリアンは獣医に「今までの飼い主がいなくなると犬も喪失感を感じるか?」「新しい里親は自分と同じ一人暮らしの男がいいのか?」と質問攻めにし、「あいつ、ほかの犬と暮らせるかな」と心配そうにつぶやく。そんなやり取りを見守る友人トマスは、普段はカナダに住んでいるが、フリアンの体調がよくないという連絡を受け、はるばる会いにやって来たのだった。トマスが滞在できるのはたった4日間。何十年もの長い付き合いである2人は、最期にどのような日々を過ごすのか。自分なら家族のために、大切な人のために何ができるかを思い浮かべながら、ぜひ劇場で確認してほしい。

 

映画「しあわせな人生の選択」は、7月1日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開。

 

<ストーリー>
フリアン(リカルド・ダリン)はスペインで俳優として活躍し、愛犬トルーマンと暮らしていた。いっぽう、トマス(ハビエル・カマス)はカナダの大学で教鞭をとりながら家族と暮らし、2人はそれぞれの人生を送っていた。年月は流れ、ある日突然トマスがフリアンの前に姿を現す。それはフリアンのいとこパウラ(ドロレス・フォンシ)から彼の具合がよくないと聞かされたからだった。フリアンはすでに治療をやめ、身辺整理を始めていた。説教されることを嫌がり、最初はトマスを追い出そうとするフリアンだが、トマスはそんなことはお構いなしに4日間滞在するという。そして2人は次第に昔の遠慮ない関係に戻り、フリアンの残り少ない時間を愛犬トルーマンの里親探しや留学中の息子に会いに行くことなどに費やす。それは2人が一緒に過ごせる最後の日々でもあった。果たして、フリアンにとっての“しあわせな選択”とは?

 

映画「しあわせな人生の選択」

7月1日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

<スタッフ&キャスト>

監督・脚本:セクス・ゲイ
出演:リカルド・ダリン、ハビエル・カマラ、ドロレス・フォンシ、トロイロ(犬)

http://www.finefilms.co.jp/shiawase/

 

©IMPOSIBLE FILMS, S.L. /TRUMANFILM A.I.E./BD CINE S.R.L. 2015