ホンネのビジネスマナー「これってGood? or Bad?」【身だしなみ(服装)編】

写真拡大 (全5枚)

若手社員を見ていて、「おやおや、マナーがなっていないなぁ」「最近の若いもんは…」なんて思ったことはありますか? そんな若手たちには、先輩社会人としてお手本となるようなスマートな振る舞いで、貫禄と余裕をみせつけたいものです。けれど、ちょっと待って。あなたのその言動・行動ホントに大丈夫?

というわけで、ビジネスシーンにおけるGoodマナー、Badマナーを、マナーコンサルタントの西出ひろ子さんが鋭い視線で徹底チェック。好感度アップのGoodマナーを身につけて、愛されビジネスマンへと昇格しましょう!

 ■第一印象アップ・身だしなみのマナー

『人は見た目が9割』。以前、そんな本がヒットしましたが、まさにその通り、見た目というのは想像以上に、人の第一印象を左右します。そのひとつが身だしなみ。特に付き合いの浅い相手であれば、服装や着こなし、髪型や持ち物など、外見で判断されることも少なくありません。最近はカジュアルスタイルをよしとする職場も増えていますが、とはいえ、最低限の基本ルールは理解しておくべき。

たとえば、こんなことやっていませんか?

【ケース1】

春先や秋口、少し肌寒いときはスーツの下にセーターをイン。

これって Good? or Bad?

 

Bad!

 

何がいけないの? と思われる方もいらっしゃるかもしれません。スーツの下にニット、はミスマッチ。一般的なビジネスシーンにおいて、スーツの下にはシャツ+ネクタイだけと心得ましょう。ですから、基本的にはBad! です。

とはいえ、これは働いている会社の社風や方針によっても違いますし、上司や先輩がそれをよしとするか否かも関係します。会社や上司がオッケーなら「Good!」となります。

もし、春先や秋口など季節の変わり目で、どうしても寒いのなら、薄手のコートを羽織るか、セーターは行き帰りにだけ着用し、会社内では脱ぐのがスマートだと思いますね。シャツの下に透けにくい保温性インナーを着用するのも一案です。

スーツはビジネスマンの戦闘服。相手に清潔感を感じてもらい、信頼を得るために最もふさわしいのは無地のスーツです。ハッキリと白や赤などのラインが入っているストライプのスーツはおしゃれですが、様々な年齢や立場の人と関わるビジネスシーンには不向きといえます。安心感や上品さを演出するならやはり無地がベター。色は黒、濃紺、ダークグレー、2つボタンのシングルスーツが無難です。

いまどき、そんな前時代的な、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、大事なのは、このベーシックスタイルを理解しておくこと。そのうえで、状況などにあわせて、アレンジしていけばいいのです。

 

■ケース2

スーツ下のシャツが、ボタンダウン or カラーシャツ。

これって Good? or Bad?

Bad!

 

ボタンダウンシャツは、本来、カジュアルなシャツです。カラーシャツも同様。

スーツはドレススタイルのひとつですから、本来であれば、白いレギュラーカラーのワイシャツをあわせるのがビジネスマナーの定番です。とはいえ、前述のように、それがOKという会社もありますし、気にしないよ、という上司であれば、カジュアルシャツでも問題なし、ということになります。今一度、上司や先輩に伺ってみると良いでしょう。カジュアルデーやクールビズを推奨する職場であれば、ノーネクタイ+ボタンダウンシャツ、綿ジャケット、というようなスタイルがむしろ、会社の意向に合っていると言えますね。

とはいえ、例えば上司と一緒に取引先を訪問するとします。上司がきちんとしたスーツスタイルで、スタンダードなシャツ+ネクタイを合わせているのに、部下がカジュアルシャツでは、取引先だけでなく、上司に対しても失礼といえます。目上である上司や先輩に同行する場合などは、彼らに恥をかかせないことも大切。自分はおしゃれをして格好よければいい、という自己中心的な考えからなる行動は、それこそ、Bad! マナーです。

本来、マナーというのは、相手中心、相手を優先に考えるもの。目上の人がきちんとしたスーツスタイルなのに、若手がカジュアルな格好では、取引先から上司の指導力を疑われ、信頼が薄れる可能性もあります。

相手やシチュエーションにあわせて、カジュアルスタイルもありですが、それはあくまで基本を知ったうえでのこと。正しい服装の知識を身につけてはじめて、ドレスダウンも可能になるのです。

また、自社がカジュアルデーやクールビズを取り入れているからといって、訪問先も同様とは限りません。相手先の会社や担当者に失礼のないよう、ジャケットやネクタイは着用しているほうが無難です。もちろん、これも同行する自社の人と足並みをそろえてくださいね。

■ケース3

キャラクターの柄ネクタイ。

これって Good? or Bad?

Good!

 

実はこれ、年齢や立場、状況によります。ベテラン社員クラスの年齢であれば、いいと思います。明るくユーモアのある方なのかな、と親近感を覚えますよね。年齢を重ねても遊び心がある人だと思われ、相手を構えさせません。また何より会話の糸口にもなります。

一方、若手社員は控えたほうがいいと思います。若手は遊び心より、清潔感や誠実さを優先すべき。基本中の基本で勝負したほうが、評価が高いのです。若いぶん、おしゃれをして自分の存在意義を主張したくなりますが、そこは我慢をする。服装で目立つよりも、きちんとした立ち居振る舞いや言葉遣いで目立つことが大切で、そうした人こそ上司や取引先から好感をもたれますし、評価も高くなります。ただし、自社の飲み会などではそれをきっかけに話題にもなり得ますから、若手社員もOKとなります。

ちなみにキャラクターの靴下は、ベテラン社員であってもNGです。靴下は、スーツと同じ色で統一、が鉄則です。ショートソックスはもちろん否、です。

 

西出ひろ子さん

マナーコンサルタント・美道家。ヒロコマナーグループ代表。ウイズ株式会社代表取締役社長。HIROKO ROSE株式会社代表取締役社長。一般社団法人マナー教育推進協会代表理事。”マナーの賢人” として「ソロモン流」(テレビ東京)や「Jキャストニュース」(テレビ朝日)などのドキュメンタリー番組でも報道される。28万部突破の「お仕事のマナーとコツ」(学研プラス)など著書多数。

>> ヒロコマナーグループ

(取材・文/原口りう子)