このシャツもちょっと話題に… ジョナ・ヒル
 - Splash / アフロ

写真拡大

 『スーパーバッド 童貞ウォーズ』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などに出演し、ぽっちゃりした体型で知られる俳優のジョナ・ヒルが、激やせして別人のようになっていると話題になっている。CNNや Us Weekly など多くの海外メディアが驚きをもって報じており、Twitterなどでは「なんでこんなにやせてるの!?」「ジョナ・ヒルがかっこいい……」といった声が上がっている。

 『セッション』の主演俳優マイルズ・テラーと共演したコメディー映画『ウォー・ドッグス(原題) / War Dogs』(2016)では役のために20キロ近く体重を増やすなど、ここ数年は体重の変動が激しいことで知られていたヒル。それでも『マネーボール』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でアカデミー賞助演男優賞に2度ノミネートされたこともある彼の体型は、ふっくらとしているイメージだった。

 しかし、そんなヒルがここ最近でかなりやせ、別人のように激変。海外メディアの記事には「何があった?」「変な感じ!」「劇的な体重減」「全く新しい見た目」「誰だかわからない」といった言葉が使われていた。

 ヒルがやせた理由については、「ヒルと仲良しのレオナルド・ディカプリオがダイエットクリニックを紹介してあげたから」「『21ジャンプストリート』で共演したチャニング・テイタムに背中を押されたから」「ジムに行くようになったから」など様々な情報が飛び交っている。(五十嵐洋介)