Image: 東海旅客鉄道株式会社


最新テクノロジーと冴えたアイデアです。

2020年に営業投入を予定している次期新幹線「N700S」のデザインが決定しましたよ(トップ画像)。既存のN700系と比べると、ベースのフォルムは大きく変わってはいませんが、ノーズ部やライトに違いが見られますね。

もちろん、これらはデザインだけではなくそれぞれに意味があります。

ノーズは左右の両サイドにエッジを立てることで、走行風の整流と、微気圧波、車外騒音、走行抵抗、最後尾車動揺を低減。高速走行時の空気の流れを考慮し、空力的な最適化が図られています。また、前照灯が20%大きくなったことにより、視認性も向上していますよ。


僕らが喜ぶ全席コンセントも採用。次期新幹線「N700S」のデザインに見る最新科学と追求されたユーザビリティ2
Image: 東海旅客鉄道株式会社


こちらはグリーン車の様子、ゴージャスかつ落ち着いた室内デザイン!

照明はLED間接照明が採用され、天井の設計も室内照度が均一になるように考慮されています。また、停車駅に近づくと荷棚の照度を上げることで、荷物の置き忘れを防ぐといった工夫も。こういった技術とアイデアの融合は素晴らしいですよね。

この他にも、新たなリクライニング機構を採用したことで、リクライニング時のふとももへの負担が軽減されています。フットレストも大型化されました。普通車座席もまたリクライニング機構がリニューアルされたりと、一歩進んだ快適性能が採用されています。

なお、タイトルでも述べていますが、僕らが一番喜ぶのではないかと思われるリニューアルポイントとして、グリーン車・普通車両共に全座席にコンセントが設置されているんです! これは北陸新幹線のE7/W7系に続く全席コンセントですよ。もうコンセントの争奪戦になりません。やった! やったぜ!

このN700Sの確認試験車は2018年3月完成予定。その頃には実際の車両のもお目見えされることでしょう。いやぁ〜、旅好き・新幹線好きには今から楽しみすぎる車両です。

・北陸新幹線の車内がストリートビューで見られるよ!

Image: 東海旅客鉄道株式会社(PDF)
Source: 東海旅客鉄道株式会社(PDF)

(小暮ひさのり)