北上している梅雨前線(気象庁提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】来月1日の明け方から韓国南部地方の一部で梅雨前線の影響により雨が降る見通しだ。韓国気象庁が30日発表した。梅雨前線はその後弱まり、一時的に小康状態になるとみられる。

 本格的な雨は来月2日の明け方に西部地方から降り始め、午後には全国に拡大する。
 ソウルなど中部地方の梅雨入りは平年より7〜8日遅い。平年では6月24〜25日に梅雨入りし、7月24〜25日に梅雨明けする。
 済州島は平年より4〜5日遅れの24日に、南部地方は平年より6日遅れの29日に梅雨入りした。
yugiri@yna.co.kr