カーラ・デルヴィーニュが「私はゲイではない」、セクシュアリティーは分類されるべきではない

写真拡大

モデル・女優のカーラ・デルヴィーニュが、自身のセクシュアリティーについて語った。

現在24歳のカーラは女優のミシェル・ロドリゲスや歌手のセイント・ヴィンセントと交際。これまで女性との恋愛を伝えられてきた。

そんなカーラはファッション誌「グラマー」でモデルのアジョワ・アボアーと対談。カーラは「13歳とか15歳の『私が男の子が好きか、女の子が好きか分からない。まだ決めていない』って女の子たちを知っているの。なんていうか、私がその年で理解できていたらって思うわ。セクシュアリティーについて話すことがより簡単で、自由になったことがとても嬉しいの。特に子供にとってね」「一度、私が自分のセクシャルフルイディティ(セクシュアリティーの変わりやすさ)について話したことがあって、人々は『つまり、あなたはゲイ(同性愛者)ってことでしょ』って感じだった。私は『違う、私はゲイではない』って感じだったわ」と話した。

さらに「私のストレートの友達の多くは考え方が古いの。『つまり、あなたはゲイってことだよね?』って。彼らは理解できないの。私が『おー、この男の人大好きなの』って言ったら、『でも、あなたはゲイでしょ』って言われるのよ。私は『違う、あなたたちはすごくウザイ!』ってなるわ……誰かが女の子と付き合っていたり、男の子が男の子と付き合っていたりしたら、彼らが分類されてほしくないのよね。私がもし男の人と結婚したらって想像してみて」「人々は『彼女は私たちに嘘をついた!』ってなるのよ。そうじゃないってこと」と明かしている。

カーラは「女性が好きな人」や「男性が好きな人」という1つのカテゴリーに分けられるのは不快なようで、自分の好きな相手と一緒にいたいようだ。