「巨乳(虚乳)になれる」Tシャツが注目を集めている。

 街では、「目いっちゃう。ぜひ着てみたい」という女性や、「完全に見ちゃいますよね。でも残念かなって思っちゃいます」という男性からの声があがる。

 格子模様に曲線をつけ、影をつけることにより、胸が大きく見える錯覚を引き起こしている「妄想マッピングTシャツ」(3888円)。開発者の福澤貴之さんは、「5年ほど前に胸元が出ているデザインで作ったが、そのデザインだと抵抗感があるといった方もいた。肌の見えないデザインで胸が大きく見える効果が得られるデザインを作れないかなと思って、今回のデザインを作った」と語った。

 この妄想マッピングTシャツは、2016年6月にヤングマガジンとコラボしており、天木じゅん、久松郁実、大川藍の実物大バストをプリントしたTシャツが作られている。

 6月28日放送の「原宿アベニュー」では、水曜キャスターを務める大川藍のTシャツが用意され、水曜日コメンテーターのFUJIWARA・藤本敏史がそれを試着した。「私どういう感情で見ればいいのか…」と話す大川に対して、胸を寄せて屈み込むポージングを取る藤本。「やめてくださいよ!私そんなんしてない!」と恥ずかしがるも、「でもDVDとかやりますそういうの」とコメントした。

( AbemaTV /原宿アベニューより)

(C)AbemaTV