金正恩氏

写真拡大 (全2枚)

北朝鮮の北東部、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の清津(チョンジン)市で強盗事件や窃盗事件が多発している。住民は戦々恐々としているが、保衛署(警察署)は手をこまねいてみているだけで、取り締まりすらしようとしない。

現地のデイリーNK内部情報筋によると、市内全域で最近、武装スリ団が通行人のカバンを刃物で切って中のものを盗んだり、空き巣に入ったりする事件が続発している。夜道では毎晩のように被害者の悲鳴が聞こえるありさまだという。

この一団は20代中盤までの、成長して「半グレ」と化したコチェビ(ストリートチルドレン)のグループと思われ、緻密な計画のもとに組織的に行動している。小奇麗な格好をしているため、まさか窃盗団だとは気づかれないという。

事件の増加の背景には、市場経済化の進展による貧富の格差の拡大がある。

清津には北朝鮮最大規模と言われる水南(スナム)市場や、トンジュ(金主、信仰富裕層)が主に利用する浦港(ポハン)市場などがあり、市場に関わっている人は他の地域より多い。つまり、それだけターゲットが多いということだ。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち

市場経済化の波にうまく乗れずに取り残された負け組は、真面目にコツコツと仕事をしたところで、リッチになれる見込みはない。

中でもコチェビはまともな仕事にありつくことすら難しい。そんな不条理な社会への不満から犯罪に走るのだ。

今年3月に撮影された、清津市の水南市場の裏通りで遊ぶコチェビたち。周りの視線を気にしながら物乞いしていた以前とは異なり、生き生きとした様子だ。(画像:デイリーNK)

今年3月に撮影された、清津市の水南市場の裏通りで遊ぶコチェビたち。周りの視線を気にしながら物乞いしていた以前とは異なり、生き生きとした様子だ。(画像:デイリーNK)


事態が深刻なレベルに達し、保安署(警察署)には通報が相次いでいる。状況は認識しているが、何もしようとしない。貧富の差が根本的な理由であるため対策を立てようがなく見て見ぬふりをしているというのだ。

保安署は、窃盗団に仕事を与えるなどの対策を取るべきだが、関わり合いになりたくないようで、取り締まりすらしようとしないと情報筋は嘆いた。