「何もしてくれない」ロボットが人間に教えてくれること

写真拡大

同じ光景を目にしていても、そこに違ったものを見出す人がいる。そういう人物は例外なく面白い。

たとえばあなたが大学の先生で、目の前にひとりの新入生がいるとしよう。「どんな研究がしたいの?」あなたの問いかけに、その新入生は、顔を赤らめ、モジモジしながら、「あの……えっと……」なかなか言葉が出てこない。

さて、先生であるあなたは、そんな新入生のことをどう思うだろうか?

「もっとしっかりしろよー」とイライラするだろうか。それとも、「初めて指導教官と話すから緊張しているのかな」と気遣うだろうか。あるいは、「すごく内気な性格だな」と納得するだろうか。

岡田美智男教授の反応は、まったく予想外のもので面白い。「こんなオドオドした感じのロボットがいたらかわいいかも」とアイデアがひらめき、「このモジモジ感を極めてみたい!」とテンションが上がるのだ。

豊橋技術科学大学情報・知能工学系教授の岡田美智男さんは、コミュニケーションの認知科学や人間とロボットとのかかわり方を専門としている。岡田さんは、2012年に発表した著書『弱いロボット』(医学書院)で、<弱いロボット>というコンセプトを提唱し、大きな反響を呼んだ。

「<弱いロボット>って何?」と疑問に思った人も、岡田さんが学生たちとつくったロボットを見れば一目瞭然だ。

なにしろ自分ではゴミを拾えないロボットや、人の目を気にしながら幼児のようにたどたどしく話すロボット、ただ手をつないで一緒に歩くだけのロボットなどなど、何の役に立つのかわからないロボットばかりなのである。

ところがこのロボットたちが、人の心をつかんで離さない。

たとえば<ゴミ箱ロボット>は、ゴミを見つけると、体を(ゴミ箱に車輪がついた形状をしている)小刻みに揺らしながらエッチラオッチラ近づいていくものの、自分ではゴミを拾うことができず、ただペコリとおじぎをするような姿勢をとるだけである。

ところが不思議なもので、これを見ている人は、なんだか放っておけない気にさせられる。たまらず立ち上がってゴミを拾ってやると、ロボットはまたペコリとおじぎをするのである。

ネットにあげられた動画をみると、目の前の<ゴミ箱ロボット>に子どもたちが大コーフンしているのがわかる。普段は片づけをしなさいとママに叱られているような子どもたちが、大喜びでゴミを入れている光景はなんとも微笑ましい。

動きもおぼつかなければ、ひとりではなにもできない。そんなローテクなロボットがなぜここまで人の心をつかむのだろう。

『<弱いロボット>の思考 わたし・身体・コミュニケーション』(講談社現代新書)は、この頼りないロボットを通じて、コミュニケーションの本質について考えた一冊だ。

そもそもこれまでのロボットは、「便利で高性能」であることが前提とされてきた。岡田さんがある展示会にロボットを出展したところ、技術者たちからの質問は、「それはどんな目的で設計されたものなのか」という視点からのものばかりだったという。

岡田さんにしてみれば、「すみません、まだなにもできないロボットなんです」と答えるしかない。ところがそのかたわらで、親子連れや子どもたちは、岡田さんのロボットを取り囲み、夢中で撫でたり話しかけたりして盛り上がっていたという。

ここに、<人間とロボットの未来>を考える上で、とても大切なヒントがあるように思う。これまで開発者たちは、「○○してくれるロボット」ばかりつくってきた。それは『鉄腕アトム』の時代から我々の頭に沁みついた「常識」のようなものだ。だが、そのコンセプトは本当に正しかったのだろうか。

この「○○してくれるロボット」という枠組みからなんとか抜け出せないかと考えていた岡田さんは、ある日たまたま、ママの胸に抱っこされてあくびをしている赤ちゃんの姿を目にする。そしてこんなことに気づくのだ。

赤ちゃんはひとりではなにもできない。にもかかわらず「ママがそばにいてくれるから大丈夫」と、周囲との<関係>に対する絶対的な信頼感を持っている。赤ちゃんというのは、なにもできない”弱い存在”だが、ちょっとぐずることで、周囲からの手助けを上手に引き出し、ミルクを手に入れ、移動もできてしまう。

家のなかではもっとも”弱い存在”なのに、いちばん”強い存在”であったりする。このギャップは面白い……。

「ママに抱っこされてあくびをする赤ちゃん」というありふれた光景からでも、岡田さんはこんなふうに他人が気づかないヒントを見つけ出してしまう。そしてこの気づきが「ちょっと手のかかるロボットはどうだろう」というアイデアをもたらし、「ロボットからなんとか弱さを引き出せないか」と試行錯誤がはじまる。「あれもできるこれもできる」ではなく、「あれもできないこれもできない」という”引き算の発想”でのロボット開発である。その結果、生まれたのが<ゴミ箱ロボット>というわけだ。

「弱さをオープンにすることで周囲の手助けを得ることができる」というコンセプトは、裏返せば、「周囲の助力を得るには、弱さは大きな武器になる」ということでもある。もちろんこれは人間同士のコミュニケーションにもあてはまる話だ。<弱いロボット>を通してみえてくるのは、他者と共生するためには、<弱さ>を肯定することがポイントになるということである。

いつの頃からか、「勝ち組」という言葉を恥ずかしく感じるようになった。考えてみれば当たり前の話だが、「勝ち組」なんて、社会の条件がちょっと変わるだけで、がらりと顔ぶれが変わってしまう。所詮その程度のものに過ぎない。

未来永劫、勝ち続けることなど不可能だし、そもそも人間という生き物自体、死を前にした時は、誰もが弱々しい存在になり、<負けること>を運命づけられている。「勝ち組」という言葉は、実に短絡的で、傲慢だ。にもかかわらずわたしたちは、「勝ち組」を羨み、<負けること>の大切さを忘れてしまっていた。

わたしたち人間は、そもそもどういう存在であったか。<弱いロボット>はどうやら、わたしたちに忘れていた本来の姿を教えてくれているらしい。

人間は自立した強い存在ではない。常にまわりの環境からの影響を受けながら生きざるを得ない弱い存在である。

ならば、強くあろうとすることをやめてしまったらどうだろう。”弱さ”をオープンにし、まわりに委ねてみる。そんな生き方が当たり前となった社会を構想してみてはどうだろうか。

”弱さ”が肯定され、誰もがごく自然に他者に手を差し伸べあう社会。もしそんな社会が実現するのであれば、頼りない<弱いロボット>たちと共に暮らす未来も、悪くないと思うのだ。

「読んだら読みたくなる」書評が好評の連載[本は自己投資!]
過去記事はこちら>>