ヤマハは、サラウンドシステム「YASシリーズ」の新モデルとして、最新バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に、サウンドバーとして世界で初めて対応し、4K・HDR映像伝送にも対応したフロントサラウンドシステム「YAS-107」と「YAS-207」の2モデルを7月下旬に発売します。予想実売価格はYAS-107が2万8000円前後、YAS-207が4万3000円前後。

 

2機種の違いは、「YAS-107」がワンボディのサウンドバー単体なのに対し、「YAS-207」はサウンドバーとワイヤレスサブウーファーがセットになっていること。予算や設置場所に応じて、好きなタイプを選択できます。

↑サウンドバーとワイヤレスウーファーがセットになった「YAS-207」

 

↑サウンドバー単体の「YAS-107」

 

【設置イメージ】

 

YAS-107/207は、薄型テレビの前に手軽に置いて、テレビ番組や映画などを迫力ある音質で再生できるフロントサラウンドシステム。世界で初めて最新のバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応し、前方・左右・後方に加え、高さ方向の音場も再現する3Dサラウンド技術により、映像に音声が一体化し、映画や音楽での没入感がより向上します。4K/60p映像伝送やHDR映像伝送、HDCP2.2に対応したHDMI端子も装備されており、テレビ放送だけでなくUltra HDブルーレイなどの高画質なコンテンツを臨場感あふれる音場で視聴することができます。

 

また、Bluetoothにも対応し、スマホやタブレットなどのモバイル端末から音楽コンテンツのワイヤレス再生や、専用アプリ「HOME THEATER CONTROLLER」による操作などが簡単に行なえます。専用アプリからは5つのサラウンドプログラム(テレビ番組・映画・音楽・スポーツ・ゲーム)の切り替えなども画面上から行えます。ホーム画面では、入力中の機器や選択中のサラウンドプログラムなどがアイコンで分かりやすく表示され、本機の状況を一目で把握できます。

 

「YAS-107」は、スタンドが低い薄型テレビの前に置いても画面を遮ることなく視聴できる、高さ53mmのスリムなワンバーボディを実現しています。ボディのエッジ部分には丸みを持たせており、ファブリックカバーを採用したスタイリッシュなデザイン。テレビやインテリアにもマッチし、ボディを薄くしたことで壁掛けでもすっきりと設置することができます。

機能面では、真円形で優れた音質を実現する5.5cmフルレンジのメイン(フロント)L/Rスピーカー、7.5cm口径の内蔵サブウーファー、2.5cmツイーターによる3ユニット構成をそれぞれ左右に搭載。実用最大出力計120W(非同時駆動)のハイパワーアンプを内蔵するとともに、高効率のバスレフポートも装備しており、スリムなワンバーボディでありながらクリアで迫力のあるサラウンドを楽しめます。

 

「YAS-207」は、テレビの前に手軽に置ける高さ60mmのスリムなバータイプのセンターユニットと、縦置きにして好きな場所に設置できる細身でスタイリッシュなワイヤレスサブウーファーの構成になっています。両方とも同じファブリックカバーによる統一されたデザインで、センターユニットの天面はレザー調、サブウーファーの天面・片側面はサテン調に仕上げています。

機能面では、本体バータイプのセンターユニットに4.6cm口径の内蔵ウーファー2基と2.5cmツイーター1 基をそれぞれ左右に搭載し、ワイヤレスサブウーファーに大口径16cmスピーカーを搭載しています。実用最大出力計200Wのハイパワーアンプを内蔵し、豊かなで広がりのある低音と、クリアな中高音による臨場感のあるサラウンドを可能にしています。

 

手軽にテレビの音声をパワーアップすることができるサウンドバータイプのフロントサラウンドシステム。5.1chスピーカーを設置する場所がないとサラウンドシステムの導入に踏み切れていなかった人でも、これなら導入できそうですね。