アーセナルのギブス、出場機会求めてワトフォードに? 今季先発8試合

写真拡大

 アーセナルのイングランド人DFキーラン・ギブスがワトフォードに移籍する可能性が浮上した。イギリス紙『ミラー』が29日に報じている。

 同紙によると、ワトフォード監督に就任したばかりのマルコ・シウバ監督がギブスをトップターゲットの1人としており、獲得に動いているという。

 アーセナルはギブスの価格を1500万ポンド(約22億円)と見積もっているが、ワトフォードは契約が残り1年となっている同選手にその額を支払うつもりはないようだ。

 ウィンブルドンの下部組織からアーセナルの下部組織に移り、同チームでデビューしたギブス。週給6万ポンド(約880万円)を受け取っているとも言われているが今シーズンの先発出場は8試合にとどまっている。さらにアーセナルはボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表DFセアド・コラシナツの獲得を決定しており、さらなる出場機会の減少が予想されている。

 また同紙はストークとブライトンもギブス獲得に興味を持っていると報道した。ワールドカップイヤーで是が非でも出場機会が欲しいことを考慮すると、給与を下げてでも移籍を決断するのではないかとされている。