@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

ポルシェ 2018年モデル発表

ポルシェ ジャパンは、ニューモデルイヤーのラインナップを発表した。大きな変更点は、

・911Sの30psパワーアップキット(工場装着装備)

・全モデルラインの内外装にニューカラーを多数追加

・ポルシェ コネクトの機能拡張

の3項目である。

全ての911S、パワーアップキットで450psに

ポルシェ・エクスクルーシブは、911カレラS、911カレラ4S、911タルガ4Sの全モデルに、30ps出力を増強して450psにパワーアップするキットを提供する。

このパッケージは、

・大型ターボチャージャー
・ダイナミックエンジンマウントを含むスポーツクロノパッケージ
・改良型ブレーキクーリングシステム
・スポーツエグゾーストシステム

で構成され、工場装着装備として注文を受け付ける。
 

全ポルシェ 内外装に新カラー

ニューモデルイヤーの展開開始にあわせ、全モデルに内外装の新色を設定。主な新カラーは下記の通り。

911と718の全モデルは、「クレヨン」を選択可能に。
911は、中間研磨を施した「サフランイエローメタリックの4層コート塗装」を追加。
911タルガ4Sエクスクルーシブ・デザインエディションは、「エトナブルー」のボディと「グラファイトブルー」のインテリアが注文可能に。
カイエンは、「パープライトメタリック」「パラジウムメタリック」を追加。
マカンは、「ブラック/ルクソールベージュ」がレザーインテリアに追加。
パナメーラは、「バーガンディーレッドメタリック」「リストレットブラウンメタリック」などが追加される。

ポルシェ・コネクト機能の拡張

ポルシェ コネクトのコンシェルジュ サービスが、日本国内において開始。このサービスでは、個人向けオンデマンドサービスを提供し、
・飛行機
・レンタカー
・ホテル
・レストラン(クレジットカード情報が必要の店舗)
の予約などが可能になる。

コネクト プラスは、ニューモデルイヤーの911、718、マカン、カイエン・プラチナエディション、パナメーラに標準装備される。