中国河北省に軍事用ドローン「彩虹」シリーズの量産基地が建設される。彩虹は中国が開発した偵察、攻撃能力を兼ねそろえる軍事用ドローンだ。写真は彩虹4号。

写真拡大

2017年6月28日、新浪によると、中国がドローン産業基地を建設する。

河北省廊坊市固安県に軍事用ドローン「彩虹」シリーズの量産基地が建設される。彩虹は中国が開発した偵察、攻撃能力を兼ねそろえる軍事用ドローンだ。サウジアラビア、イラク、エジプト、パキスタンなど世界各国に輸出されている。

開発したのは中国航天空気動力技術研究院。天津の工場では年産40機の製造が可能だったが、新工場が完成した暁には年産150機へと大幅に製造能力が強化される。また、ドローン用の空対地ミサイルの製造能力も年産1000基にまで増強されるという。(翻訳・編集/増田聡太郎)