Netflixがオリジナル映画『Death Note/デスノート』 8月25日より全世界同時オンラインストリーミング

写真拡大 (全2枚)

日本でも実写映画化され大ヒットを記録した大場つぐみ(原作・原案)と小畑健(作画)による人気コミック「デスノート」をNetflixがオリジナル映画化する『Death Note/デスノート』。8月25日より世界190ヵ国へ同時配信されるこの作品より、死神リュークのキービジュアルと予告編が解禁となった。

[動画]それは『デスノート』から始まった! 物議を呼んだヒットの方程式とは?

監督をつとめるのは、『サプライズ』や『ザ・ゲスト』のアダム・ウィンガード。主人公ライト・ターナー役をナット・ウルフ、L役をキース・スタンフィールド、ほかにマーガレット・クアリーらハリウッド期待の若手キャストが出演するほか、死神リュークの声を名優ウィレム・デフォーが担当する。

解禁となったハリウッド版死神リュークのキービジュアルは、トレードマークとも言えるお馴染みのリンゴを手にした、原作コミックでの姿を彷彿とさせるもの。あわせて解禁された予告編では、主人公ライトがデスノートを手にして、徐々に殺人者キラ(KIRA)と化していく様子や、それを追うミステリアスな名探偵L(エル)との壮絶な追跡劇が描かれている。