今度は「ミニ スーファミ」が登場へ!名作揃いのスーファミの歴史を名作ゲームたち

写真拡大 (全4枚)

かつて一世を風靡した家庭用ゲーム機「スーパーファミコン(スーファミ)」が手のひらサイズで返ってきた!
任天堂は家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を2017年10月5日より発売する。
メーカー希望小売価格は、7,980円(税別)。

スーファミといえば、任天堂の大ヒット商品だ。
シニア世代にとっては、子供の頃に夢中になった名作ゲームが多数あるゲーム機だ。
スーファミ世代には、大変懐かしく感じる人も多いだろう。かくいう筆者も、スーファミのお世話になったひとりだ。

今回発売される「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は、どんな特徴があって、どういうゲームで遊べるのか。
またスーファミを知らない世代のために、スーファミについて簡単に解説しよう。


■幻のゲーム「スターフォックス2」も収録
「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は、1990年に発売された任天堂の家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」の本体を、手のひらサイズで復活さえたモデルだ。

スーパーファミには、数多くの名作ゲームがある。
その中でも今回は選りすぐりのゲームを21本収録しているのだ。

収録タイトルは、下記のとおり。




とっておきの目玉は、「スターフォックス2」だろう。
このゲームは、当時、「スターフォックス」の続編として開発されたが発売中止となっていたレアゲームなのだ。まさに幻のゲームと言っていいだろう。
「スターフォックス」の最初のステージをクリアすれば、「スターフォックス2」がプレイ可能になる。

本体には、コントローラーが2つ付属されるが、サイズもボタンの配置は、スーファミのコントローラーを忠実に再現している。
スーファミに夢中になった世代は、当時(1990年代)と変わらない感覚で、ゲームを楽しむことができるぞ。




■スーファミって、なに?
現在のニンテンドーのゲームやNintendo Switchで遊んでいる人の中には、既にスーファミを知らない人も多いだろう。

そこで、スーファミについて簡単にまとめてみた。

スーファミは、1990年(平成2年)に一世を風靡した任天堂の家庭用ゲーム機である。
1983年(昭和58年)に発売されたファミリーコンピュータ(通称:ファミコン)の後継機として、ハードウェアを大幅に強化して登場した。

CPUは当時としては最先端の16ビットCPUを搭載し、色数は32,768色から16色のカラーパレットを選択できるようになった。
ファミコンに比べて処理速度が大幅に高速化され、色鮮やかなグラフィックのゲームが遊べるようになったわけだ。

そうした理由から、のちに名作と言われるゲームタイトルも数多く誕生した。

代表的なタイトルとしては、
・スーパーマリオワールド
・スーパーマリオカート
・スターフォックス
・ファイナルファンタジーVI
・スーパーストリートファイター®II





ITライフハック 関口哲司