新作『X-Men』、クイックシルバーのエヴァン・ピーターズが出演決定

写真拡大

映画『X‐Men』シリーズの次回作『X-men:Dark Phoenix(原題)』に、エヴァン・ピーターズが出演することが明らかになった。

エヴァン・ピーターズはこれまで、『X-Men:フューチャー&パスト』(14)、『X-Men:アポカリプス』(16)に出演、クイックシルバー役を演じた。またエヴァンの他に、BAFTA(英国アカデミー賞)受賞のカナダ制作ドラマ「The Next Stop(原題)」で知られるラマー・ジョンソンの出演も同時に発表された。ラマーの役どころはまだ明らかになっていない。

期待の高まる『X-men:Dark Phoenix(原題)』は、ここ数年メインストーリーの出演者である、ジェニファー・ローレンス、マイケル・ファスベンダー、ジェームズ・マカヴォイ、ニコラス・ホルトだけでなく、『〜アポカリプス』出演の若い世代のキャスト、ソフィ・ターナー、アレクサンドラ・シップ、タイ・シェリダン、コディ・スミット=マクフィも出演するとのこと。撮影は今週からモントリオールでスタート。これまで『X-Men』の制作に関わってきた脚本家のサイモン・キンバーグが初めてメガホンを取り、アメリカでの公開は2018年11月2日を予定している。