俳優の小倉久寛(62)が自身のブログで、舞台でバナナを100本食べた結果を報告している。

 今月2日から26日に公演があった熱海五郎一座『消えた目撃者と悩ましい遺産』に出演していた小倉。出演が話題となった藤原紀香と夫婦役だった小倉はブログで、「観ていただいた方はご存知かと思いますが、毎ステージ、バナナを2本ほど食べるシーンがありました。全ステージで、合計80本くらい、稽古から合わせると、2ヶ月半で100本くらい食べました。その間は、お腹いっぱいになって、趣味のつまみ食いもなくなりました。」

「その結果、ほら〜!バナナダイエット成功!」「べ、べつに顔作って、な、ないですよ〜!」と、おどけて顔写真を公開した小倉。

(小倉久寛オフィシャルブログよりスクリーンショット)

 舞台で小倉がバナナを食べるシーンはかなり反響があり、Twitterでは「小倉さんのバナナのシーンは笑いすぎて涙がでました!」「バナナたべたくなる。」「小倉さんのバナナを食べるシーンは何度観ても大笑いしてしまう」といった声が上がっていた。