ヤマハ、新たなバーチャル3Dサラウンド技術に世界で初めて対応した、サウンドバー2モデルを発売

写真拡大 (全5枚)

ヤマハは、サラウンドシステム「YASシリーズ」の新モデルとして、最新のバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に世界で初めて対応し、 4K・HDR映像伝送にも対応したフロントサラウンドシステム「YAS-107」「YAS-207」の2モデルを、2017年7月下旬より全国で発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はYAS-207が3万9,800円、YAS-107が2万2,800円(いずれも税別)。

今回発売する「YAS-107」「YAS-207」は、薄型テレビの前に手軽に置けて、テレビ番組・映画などを迫力ある音質で再生できるフロントサラウンドシステム。世界で初めて最新のバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応し、前方・左右・後方に加え、高さ方向の音場も再現する3Dサラウンド技術により、映像に音声が一体化し、映画や音楽での没入感がより向上する。

4K/60p映像伝送やHDR映像伝送、 HDCP2.2に対応したHDMI端子も装備し、テレビ放送だけでなくUltra HD ブルーレイなどの高画質なコンテンツを臨場感あふれる音場で視聴できる。

また、 Bluetoothにも対応し、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末から音楽コンテンツのワイヤレス再生や、専用アプリを使用した快適な本体操作等が可能だ。

YAS-107はテレビの前に手軽に置けるスリムなワンバーボディで、YAS-207はスタイリッシュなサウンドバーとより豊かな低音再生が可能なワイヤレスサブウーファーの組み合わせで、いずれもすっきりとした設置が可能だ。

■YAS-107
■YAS-207

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
・冷凍冷蔵庫VEGETAと“ドラゴンボール”べジータコラボ企画第2弾を実施
・コンパクトサイズの冷凍室40L簡単拡張「ちょい足し冷凍庫」
・首かけ扇風機「ヘッドホンなクーラー」を発売
・電源を入れると約6℃に冷却するプレートで一気にクールダウンできる「どこでも冷却スティック」
・GPS内蔵。前後の撮影が可能でPCで撮影データを再生可能なドライブレコーダー