Photo by cinemacafe.net

写真拡大

ワーナー・ブラザース映画のアドベンチャー・アニメ「レゴ(R)」シリーズの最新作となる『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』。この度、本作の日本語吹き替え版キャストとして、人気実力派声優の山寺宏一と沢城みゆきの出演が決定した。
はるか遠い国、ニンジャゴーシティは、悪の帝王・ガーマドン軍に襲われて大ピンチに! 特別な力を受け継ぐニンジャたち― ロイド、カイ、ジェイ、コール、ニャー、ゼン。この6人が世界を救うために巨大メカとともに立ちあがる――。師匠のウー先生に教わった、勇気とあきらめない心を信じ、それぞれのエレメント・パワーを駆使し、みんなの力が一つになるとき、世界の救世主となる最強チームが誕生する。めざめろ、ニンジャゴー!

「レゴ(R)ニンジャゴー」は、日本では2012年にアニマックスで放送を開始し、その後2015年からはテレビ東京および系列局でTV放送され高視聴率を獲得している、6人の若きニンジャたちが大活躍する人気アニメ作品。

英語版では、ニンジャたちの師匠であるウー先生の声を、ジャッキー・チェンが務めているほか、ジャスティン・セロー、デイブ・フランコ、オリビア・マン、フレッド・アーミセン、アビ・ジェイコブソン、クメイル・ナンジアニ、マイケル・ペーニャ、ザック・ウッズらが出演。そして今回、本作の日本語吹き替え版に、『LEGO(R)ムービー』『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』にも出演し、劇場版レゴ(R)シリーズには欠かせない存在、山寺さんと沢城さんが出演することが決定。

“七色の声を持つ男”と呼ばれ、「それいけ!アンパンマン」「新世紀エヴァンゲリオン」など人気アニメキャラクターから、ウィル・スミス、エディ・マーフィ、ジム・キャリーと名ハリウッドスターまで華麗に演じ分ける山寺さん。『LEGO(R)ムービー』『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』ではバットマン役を演じていた山寺さんだが、今作では世界征服をもくろむ悪の帝王・ブラックガーマドンを演じる。また、「ルパン三世」の峰不二子役や、「ハリー・ポッター」シリーズのパーバティ・パチル役、「報道ステーション」のナレーターなど、幅広い演技で見る者を魅了する沢城さん。『LEGO(R)ムービー』ではワイルドガール、『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』ではバットガールを演じた沢城さんは、今回は主人公・ロイドの母であり、ガーマドンの妻・ココに扮する。

なお、本作の特典付き前売り券が7月14日(金)より全国の上映劇場(一部劇場を除く)で発売開始されることも決定している。

『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』は9月30日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

(cinemacafe.net)

■関連記事:
父親が宿敵!?『レゴニンジャゴー ザ・ムービー』予告編&ビジュアル解禁
ジャッキー・チェンが声優に!『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』公開決定
山寺宏一、“かまってちゃん”なレゴバットマンに! 小島よしお&おかずクラブも参戦
松山ケンイチ、イエロー・カーペットに登場! 『怪盗グルー』ワールドプレミア
藤森タジタジ!『カーズ』最新作の監督に「とてもチャラい!」といじられる