isismap01.jpg

写真拡大

<イラクのモスルに続いてISISが「首都」と称するシリアのラッカに包囲網が迫っている。支配地域の60%以上、収入の80%を失ったISISは、今後1年のうちに消滅する>

ISIS(自称イスラム国)はおそらく今後1年のうちに終焉を迎えるだろう。支配地域を失うからだけでなく、収入源も失うからだ。

ロンドンに拠点を置く軍事コンサル「IHSマークイット」によると、ISISはイラクとシリアの国境をまたいで支配していた地域をすでに60%以上失ったが、収入はこの2年で80%を失った。

2015年1月の時点では、約9万平方キロの地域を支配していたが、2年半後の現在は3万6200平方キロまで支配地域を縮小した(ただ現状でもその範囲はニュージャージー州の約2倍に相当する)。

【参考記事】シリア東部はアサドとイランのものにすればいいーー米中央軍

「ISISは、急速な膨張から徐々に衰退に向かっていると表現できる」と、IHSマークイットの中東担当上級アナリスト、コラム・ストラックは話している。「建国宣言から3年が経過した今、彼らの統治プロジェクトが破綻したことは明白だ」

5月9日時点のISIS支配地域(図中の濃いグレーがISISと傘下組織の支配下にある) NEWSWEEK

同様にその収入も、2015年4〜6月期の8100万ドルから2017年4〜6月期には1600万ドルへと激減した。

アメリカ主導の有志連合の空爆やイラク、シリアの地上軍の攻撃で、石油生産や密輸、徴税、誘拐による身代金や収奪といったISISの収入源となっていた活動はほとんど消失した。

ジャック・ムーア